<< 不況にあえぐポルトガルと産油国景気に沸くアンゴラ  宮崎正弘 | main | キナ臭さが増してきたアジアの軍事情勢 加瀬英明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







全米一の投資家が「日本株はこれからが買い」 宮崎正弘
バフェット、いわき市を訪問し被災工場を視察、日本株は「これから買いだ」。全米一の投資家が「日本企業株は割安、10億ドル以上の企業を探している」と発言。

ウォーレン・バフェットがやってきた。いわき市にあるタンガロイの工場に、ヘリコプターで乗り付けた氏は、400名の従業員を前に、被災に負けるな、日本は強い、と激励した。

その後、ウォールストリート・ジャーナルとの独占インタビュー(2011年11月22日)に応じ、バフェットは「日本株はこれからが買いである。円高をくぐり抜けてきた日本の企業は過小評価されている。十億ドル以上の投資物件を探している」とする一方で、欧州債券に関しては「米国が危機に瀕したときに政府民間一致協力して難局に対応した。あの姿勢、熱意に欠けている欧州に当面投資するつもりはない」と語った。

さてバフェットの鼓舞を受けて、日本市場は動くか?

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:02 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999697
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE