<< “ポスト菅”野田も鹿野も「出馬資格なし」と参院議長 古沢襄 | main | 戦後体制を謳歌して滅亡の危機に向かう 西村眞悟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







菅直人首相の断末魔 古森義久
いよいよ命運が尽きたようにみえる菅直人氏ですが、でもまだまだわかりません。その最後のあがきのレポートが以下の産経新聞の記事です。

<<■【民主 漂流】首相、赤恥よりプライド 民心離れ孤立 「延命」八方ふさがり>>

あの手この手で延命を模索してきた菅直人首相が10日、退陣を明言した。居座り続けても将来に展望が描けずにいる中で、与野党の執行部が手を握り、寄っ てたかって引きずり降ろされる醜態を演じかねない状況となったことが背景にある。プライドの高い首相にとって、ならば「退陣3条件」実現を政権の成果と掲 げて自ら身を退く形を演出した方が、まだ自尊心を守れると判断したようだ。(阿比留瑠比)

                   ◇

「私はやるべきことはやってきた。残念ながら、十分国民に理解してもらえていない」

首相は10日の衆院決算行政監視委員会でこう述べた。その上で「残念とか悔しいという思いは決してない」と言葉を修正したが、未練は隠しようがない。

鳩山由紀夫前首相が昨年6月の退陣表明時に語った「国民が徐々に聞く耳を持たなくなった」という“捨てゼリフ”を彷彿(ほうふつ)させる発言でもある。

そもそも首相は現在、四面楚歌(そか)を通り越して八方ふさがりとなっている。

内閣支持率は10%台半ばと歴代最低水準にまで落ちた。これだけ民心が離れては、一時、首相がちらつかせた「脱原発解散」カードも封じられたも同然だ。

◆「けじめ当然だ」

首相の政治手法を批判しているのは、首相が「仮想敵」とする官僚や経団連ばかりではない。民主党最大の支持団体である連合の古賀伸明会長も、首相に「け じめをつけるのが当然だ」と迫っている。連立政権のパートナー、国民新党の亀井静香代表にも「首相を守る人が周りからいなくなっている」と指摘される孤立 ぶりだ。

それではと首相は、外交に活路を求め、9月の日米首脳会談に意欲を示し、北朝鮮訪問にも色気を見せたが、相手国に調整すら拒否される。死に体の首相に手を差し伸べるほど国際社会は甘くない。

首相は当初、自民党が特例公債法案の成立に協力することはないとみていたフシがある。その場合、混乱の責任を自民党に転嫁してさらなる延命を図るつもりだったようだ。だが、世界同時株安もあって自民党は法案成立に一気に傾いた。

◆続投なら嘘つき

「経済産業省幹部3人を更迭したり、原子力安全・保安院を経産省が切り離したり、少しは思いを遂げた部分があったのだろう」

側近は現在の首相の心境を解説する。「退陣3条件」がクリアされても辞めなかった場合は、首相は「ペテン師」に続いて「嘘つき」という不名誉な称号を受けることになる。

閣僚や民主党幹部のドミノ辞任も想定され、内閣不信任案が再提出されたら確実に可決されるだろう。いずれもこれ以上ないという赤恥をさらすことになる。

どうあがいても「万事休す」となったのである。

「国民が首相を信頼していない。そうである以上は何をやっても政治空白。一刻も早く首相の座を降りるべきだ。今のままでは、国民にとって最悪の内閣だ」

首相は平成21年2月、当時の麻生太郎首相をこう追及した。因果はめぐり、自らこの言葉を実行すべきときが来た。

杜父魚文庫
| 古森義久 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:24 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE