<< 人権大国カナダも中国の圧力に根負け  宮崎正弘 | main | 菅直人氏は北朝鮮の闇を歩いてきた 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「菅嫌い」では、と言われて 岩見隆夫
「菅嫌いではないか」と、私のことを言われて考え込んでしまった。繰り返し菅直人首相の批判をしてきたのだから、そう映っても仕方ないのかもしれない。

しかし、好き嫌いの情緒論を優先させて首相の品定めをしているとしたら政治記者落第である。過去に、好きではないがAランクと評価できる首相もいた。たとえば、佐藤栄作−−。

三露久男元朝日新聞論説副主幹(前日本大学教授)が「月刊コミュニケーション」7月号に、<菅嫌い>の一文を書いている。当コラムと、三露もメンバーの小会合で私がしゃべった政治談議を素材に批評したものだ。

<聞いていて私は、岩見さんは、菅直人という政治家の実力・実績よりも、その「人間」を嫌いなのだなと感じた。

岩見さんの挙げたのは、みんな菅さんのマイナス面を示す話ばかりだ。菅さんの政治家としての名を一躍高からしめたのは薬害エイズ問題だった。こういうお手柄について、岩見さんは一言も触れなかった。

この「菅嫌い」は、結局のところ、岩見さんと菅さんとが人間として仲が悪い、相性が悪い、不倶戴天(ふぐたいてん)ということが、まずはじめにあるからではないか>と三露は書いている。これは大きな誤解だ。

大事な点だから、正直に話さなければならない。菅は30年来の取材対象で、長時間話し込んだことが何度もある。菅に対する私の注目点は、<野心的>と<切り込みの鋭さ>で、いずれも政治家としての魅力だ。

好悪の情はほとんどなく、気になる点としては、<要領がよすぎる>のと<親分的でない>ぐらいだった。いずれも政治家が大成する条件として大切な人望のなさにつながり、弱点といえる。

まあ、その程度で、多くの成長株の一人とみてきた。好き嫌いは当然だれに対してもあるが、菅はそれが薄い対象だった。<まずはじめに不仲が>という三露の指摘は当たらない。

しかし、いったん首相という権力者のイスに座った瞬間から、座る前と観察の構えが違ってくるのはご承知の通りだ。厳密かつ微細に、タテからナナメから首相としての適性、力量をはかることになる。三露が言う<実力・実績よりも、その「人間」>という人間が人格的評価を意味するのなら、その通りだが、好き嫌いとは次元が違う。

実力・実績もすべては首相就任後のことで、就任前のあれこれは単なる参考資料にすぎない。エイズ問題は就任14年前の実績で、だれもが評価している。しかし、首相としての品定めには、直接的な関係はない。

菅は、あらゆる機会に述べてきた理由から、首相として不適任だ。それを自覚できずに、退陣表明から50日以上も居座り続ける菅を好きになれるはずがないではないか。しかし、就任前からではない。

もうひとつ、三露の、

<政治記事のあり方は、これから変わってゆくだろう。岩見さんの記事は、赤絨毯(じゅうたん)(国会)、「永田町」のなかだけ、せいぜい「霞が関」までの半径数百メートルのなかからの国内的産物だと思う。ホットな人間くささを失わず、しかもクールな分析の視点の感じられる政治記事を……>というご注文だ。

視野狭窄(きょうさく)に陥らず、感情論に流れず、冷徹な目を、ということだろう。老記者にも、言うべくしてむずかしい。

とりわけ菅首相には、好悪を超えて憤りを覚える。責任があるという口の下から、責任を逃れようとする態度など。(敬称略)

杜父魚文庫
| - | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:17 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999172
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE