<< 首相孤立…脱原発方針、閣僚が火消しに奔走 古沢襄 | main | アメリカは日本人拉致の真相をずっと知っていた 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







原発の安全宣言をひっくり返すストレステスト 丸山公紀
これはどうしたことか。海江田経産相が全国の原発について「安全宣言」を出し、つい先ごろ、佐賀玄海原発についても安全宣言を出し、再稼動を勧めた結果、地元の町長、県知事その要請に応えようとした矢先、今度は菅首相の指示で海江田氏がストレステストを行うことを発表せざるを得なくなった。その結果、地元の佐賀では再稼動の決断を一旦、白紙還元することとなった。

海江田氏は梯子をはずれた格好となったが、今度は、ストレステストを巡る安全基準についても海江田氏と細田原発事故担当相の間で認識にズレがあることが、国会答弁で露呈され、結局、原発の安全基準についての明確な姿勢をもっていないことが明確となった。

一夜にして原発の安全宣言をひっくり返すこととなったのは、一体、菅氏の心にどんな変化があったのか。

迷惑するのは、玄海町だけでなく、全国の原発が立地されている住民である。安全・安心について決定的な不安をもたらしたといっていい。

脱原発、反原発、最近では”卒原発”という言葉も出回っているようであるが、原発をはじめとするエネルギー政策は国策であり、電力会社や地元が決定する前に、政府・国会ともに明確な方向性を持っていなければ始まらない問題である。

小生には、この問題は政府の曖昧な姿勢という点では普天間移設問題と全く同じ構造であると思うのだ。換言すれば、政府の腹が決まらなければ、いつまでたっても堂々巡りとなるということである。

杜父魚文庫
| - | 11:36 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:36 | - | - | pookmark |







コメント
一連の原発ヒステリー現象はこの国の政治家、ジャーナリズム、国民の低脳さを余すところ無く示している。正に悲喜劇である。

〇故の原因は自然災害であり、人為ではない。
原発の設計当時の最善知に依り想定された地震震度、津波波高予想値が最善知を超えたから事故が起きた。だれの責任でもない。
8業施設は国家規準で設計、施工、施工管理、運転、保守が行なわれている。発電会社が恣意的に決定できる余地はない。

(バカな政治家とジャーナリズムに問いたい)

 銑のどこに東電が糾弾されなければならない理由があるのですか?
このロジックではもし東京直下型地震が来て家が倒壊した庶民は、それを建てた建築会社、工務店を糾弾し、補償を求められるということになりますね。

あらゆる事故情報を隠蔽し自己保身を図った政治家が国民に今の困苦を与えているのではないですか? どこに東電の瑕疵理由があるのですか?

じ業廃止を叫ぶ前に、この事故の原因をまず究明すべきである。その結論を元にして、「原発廃止」というならば理解できるが今の議論は問題可決の道筋さえまともに踏まず、「廃止」を叫ぶ。これをヒステリー現象という。

(無学・無責任なジャーナリズムと国民に問いたい)
ジャーナリズムのTechnology Literacyは極めて低く痴呆的である。しかるが故に彼等の原発論は殆どデマのLoud Speakerとなっている。

原発廃止、自然エネルギーを........と叫んでいる国民はまず原発の発電電力比30%に見合う省エネ生活をしてください。それには家庭のブレーカーを30Aなら20Aに、60Aなら40A(定格にあるかどうか不明だが)に交換して生活したらどうですか。また経済活動も縮減しますから失業者も増えて生活保護費も増加しますから、ブレーカー容量に反比例した増税も受け入れてください。

| 貧乏人 | 2011/07/15 6:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999146
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE