<< 我が国の確保すべき海洋はどこか、タスクフォース創設の時 西村眞悟 | main | 中国艦隊、南下す 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「解散はありえない」と野田財務相が批判  古沢襄
野田財務相は閣議後の記者会見で、自民党の浜田和幸参院議員を総務政務官に起用したことについて「野党の態度硬化ということでは非常に厳しい状況だ。正面玄関にいって、頭を下げるのが筋だ」と述べ、与野党対立をあおる結果に苦言を呈した。

また菅首相が再生可能エネルギー特別措置法案の成立に並々ならない意欲を示していることから、同法案が成立しなければ解散もあり得るとの観測が広がっていることには「この時期の解散はありえない。あってはならない」と厳しくはねつけた。英ロイターが伝えている。

<[東京 28日 ロイター] 野田佳彦財務相は28日、閣議後の会見で、党側との調整が難航している社会保障・税の一体改革について、現行5%の消費税を2015年度までに段階的に10%に引き上げるとした政府案の根幹部分について、堅持すべきだとの認識を示した。財政健全化の同時達成との観点からも、具体的な時期と幅の明記が筋だと語った。

民主党の部会ではデフレ下の消費税増税の議論への反発が収まらず、政府・与党の一体改革成案決定が当初の20日から大幅にずれ込んでいる。民主党部会では、社会保障充実のための消費税引き上げについて「2010年代半ばごろまでに段階的におおむね10%まで引き上げる」とする文言への修正案が勢いを増しており、月内決着のメドがたたない。

政府が改革の根幹とする消費税引き上げの時期や幅をめぐって溝が深まっているが、野田財務相は「(政府の)根幹部分は堅持すべきだ」と指摘。党側の幅のある表現に対して「(社会保障改革では)財政健全化も一体として同時達成することになっている。その意味では、具体的に時期・率は明示するのが筋だ」と述べ、財政健全化の後退と映りかねない党側の修文に苦言を呈した。

代表選の争点とすべきだとの党内の意見に対しても「昨年の暮れに閣議決定して成案を得るなかで議論を積み重ねてきた。政局にからめた話ではなく、党としての政策判断をしていただきたい」と自制を求めた。

一方で、「意思決定の仕方も含めて、成案決定会合で決めるべきだ」と述べ、一体改革案について政府・与党の成案決定会合で決定した後、閣議決定を見送る可能性に含みを残した。

<解散・総選挙、あり得ないしあってはならない>

菅直人首相が自民党の浜田和幸参院議員を総務政務官に起用したことについて「野党の態度硬化ということでは非常に厳しい状況だ。正面玄関にいって、頭を下げるのが筋だ」と述べ、与野党対立をあおる結果に苦言を呈した。

人事をめぐる野党の態度硬化で特例公債法案成立の見通しも一段と厳しくなっており、野田財務相は「3党合意を誠実に履行しながら、成立を目指ししっかりやるしかない」と述べるにとどめた。

一方、菅首相が再生可能エネルギー特別措置法案の成立に並々ならない意欲を示していることから、同法案が成立しなければ解散もあり得るとの観測が広がっていることには「この時期の解散はありえない。あってはならない」とはねつけた。(ロイター)>


杜父魚文庫
| - | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:58 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999088
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE