<< 米国大統領予備選最新事情 宮崎正弘 | main | 「鳩山」宇宙人の方がマシだった… 菅首相のでたらめ政治に終止符を 阿比留瑠比 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







消されつつある日清戦争 MoMotarou
欧米列強の侵攻に共同で対処しようという希望を朝鮮にだけではなく中国にも伝え、働きかけていた日本の幕末以来の願いは、糸が切れるようにプツリと切れてしまった。=「国民の歴史」 西尾幹二 p530

          ★

意図的かどうかは不明でありますが、日露戦争に比べて注目を集めることが少ない戦争であります。しかし「日中戦争」という言葉の“定着”を狙った「赤い中国」の宣伝工作と「贖罪意識の浸透工作」の一環として見るなら、着実に成功しつつあるということです。

■「国民の歴史」にみる日清戦争(以下、国民の歴史」西尾幹二著より抜粋、528頁〜、タイトルは自作)
□1 日本を守る

日本は列強に取り巻かれている背後のこの現実を視野に入れつつ戦いを起こした。しかし日清戦争は列強の見守るなかで大国の清に挑戦する日本の孤独な賭けであり、どの国にも左右されない独自の行動だった。

列強は日本の敗北を予想していた。ロシアは日清両軍に撤退を勧告するだけで、それ以上の行動に出なかった。イギリスは最初清国寄りであったが、事態静観を守った。日本はイギリスと清の同盟はないと判断して開戦したのだが、その判断は正しかった。 

□2 植民地を逃れる

以前、私は(西尾幹二)「日本は列強の相互牽制の隙をついて、同じ土俵で生きる以外に自衛の道はないと考えていた」と書いたが、独力で危険な賭けを切り抜けようとして、日清戦争に突入した日本人の勇気は、大国清を相手どっただけに、あえて積極攻勢に出た「自衛の道」にほかならなかった。

□3 日露戦争との違い

日清戦争は中華中心思想に守られたいわゆる華夷秩序に穴をあけ、これを揺さぶろうとした東アジアに特有の戦争である。中国への日本からの「干渉」戦争、中国圏からの日本の「独立」戦争という両方の意味合いがあり、日露戦争とは性格を異にしている。

□4 支那より低く見られていた日本

それに日本は不平等条約に手足を縛られた欧米列強の半植民地国家の状態にあり、中国よりも文明の程度において低いと欧米から侮られていた未知の新興国家だった。

欧米から見てアジアの中心は中国だった。開戦は世界の人々に日本の「文明」が老廃国中国よりも高く、アジアにはもう一つの中心があることを証明する絶好のチャンスだった。福沢諭吉はこの意味における開戦論者だった。

□5 自分を見つめた戦争
この場合の「文明」すなわち「西洋化」において日本がすでにいちだんと他のアジア諸国を凌いでいることを、維新からわずか三十年未満の時点で直観し、行動で示したがった事実は、日本の「近代化」が維新よりはるか前に始まっており、ユーラシア大陸とは別系統の文明に属していたがゆえであるという本書(国民の歴史)の主題をあらためて裏づけている。 (転載 終)

■思想戦に負けるな!

産経新聞の最近の記事を見て驚きました。保守系の執筆者が「日中戦争」と言う用語を躊躇なく使っておりました。「支那事変」という言い方が、この前まで普通でした。次は教科書に堂々と登場する場面でしょう。当時支那は「国民国家」としての形は無く、軍閥や馬賊・共産党などが覇権を争っている混沌とした地域であり、逆に満州国こそ近代国家として整ってきている状態でした。

「日清戦争は日本から見れば完全な成功だった。欧米列強は日本の勝利を喝采し、日本に対する彼らの特権を相次いで放棄した。」(同上 p529)
 
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「「弁護士が幅を利かせてる」 岩見隆夫」     
   http://blog.kajika.net/?eid=999049
 ・「議会政治とは、サッチャーさん!」
   http://youtu.be/vZBFRQJN7bk
 ・「小泉首相は「稲むらの火」を知らなかった? 」
   http://youtu.be/4cE4ae5T6_g 

杜父魚文庫
| MoMotarou | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999064
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE