<< 岡田氏「辞表」盾に首相の退陣説得?  古沢襄 | main | 今度は一転、華南を襲う大洪水 宮崎正弘 >>
かたもり蕎麦 縁起 酒井富雄
松平容保(まつだいら かたもり 1835-1893享年59歳。(天保6年〜明治26年)美濃高須3万石藩主・松平義建(よしたけ)の六男として誕生。

12歳(1846年4月)で会津藩松平家23万石の婿養子となる。 1852年、藩主松平容敬(かたたか)が病没し、18歳で家督を継ぎ、会津松平藩9代藩主。1856年9月、妻・敏姫が若干18歳にて病没す。

1862年、一橋慶喜と松平春嶽が幕府権力を掌握すると、新たに設けた京都守護職に就くよう要請がくる。容保の側近・西郷頼母は、「薪を背負うて火の中に飛び込むが如し」と称して、京都守護職に就く危険性を説き、再三病気を理由に固辞した。

が、藩祖・保科正之の家訓、「将軍に忠誠を尽くすことを藩の使命とし、徳川宗家の盛衰存亡を共にすることを家風とする」その内容を松平春嶽に問いただされ、ついに容保は京都守護職に就任。 死を覚悟した京都守護職就任の意気込みは凄まじく、京都における幕藩体制維持の急先鋒として大いに活躍する。 

容保は、公武合体を理想とし、攘夷過激派の浪士を京より一掃し、孝明天皇より信任を得る。蛤御門の変では、反乱した長州藩軍を殲滅。

戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟の中心となり、討幕軍に徹底抗戦。会津若松城に篭城1ヶ月、明治政府軍と激戦するも降伏。のちの政府から許され、日光東照宮宮司に就く。 

会津松平藩 藩祖 保科正之氏(二代将軍 徳川秀忠の子)は、寛永20(1643)年に信州 高遠藩主から出羽山形藩を経て会津松平藩の藩主となる。

以来、会津では転封時に伝えられた大根おろしと味噌による蕎麦喰いを、「高藤そば、たかとうそば」と呼んで今に伝えている。 

正之の移封後、信州の高藤藩には、関ヶ原以来、軍功のあった内藤氏が転封された。内藤氏の下屋敷跡は麹町通りの先、甲州街道沿いの大木戸、今の新宿御苑となる。

京都所司代への就任を導く契機となり、明治維新を堅固な意志で飾らせた家訓。その家訓を遺された藩祖 保科正之氏と、遺訓を全うした最後の藩主 容保を偲び、この蕎麦喰いを伝えて名残をとどめたい。「かたもり
蕎麦」縁起でした。(公認会計士)

杜父魚文庫
| - | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:44 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/999047
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE