<< 「心がない」と責められて   岩見隆夫 | main | 「証券市場の中心は大阪」と首都機能分散浮上 クライン孝子 >>
「首相がその気ならばできる」と仙谷氏  古沢襄
政界がざわめいてくると仙谷官房副長官の発言に注目が集まる。「仙谷氏、組織論先行に苦言 復興庁構想など首相がその気ならばできる」(産経)、「首相が権限と実行を担保すれば、(復興院を創設しなくても)できることだ」(読売)、「津波にどういう状況でのみ込まれたのかを考えるとつらかった。何とかもう少しやらないといけない」(時事)・・・。

突っ張り発言が多かった官房長官時代よりも、発言に幅が出てきたように思う。しかし菅首相と一歩距離を置いた発言であるのは言葉にはしはしに出ている。首相視察には同行しなかった首相補佐官が、官房副長官には同行していた??

<仙谷由人官房副長官は23日、東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市を視察した。「復興庁」構想などで与野党の調整が難航していることについて「そんなことに時間をかける余裕はない。被災者本位で政府がスピードを持ってやることが重要だ。組織のあり方が政争のネタになってはならない」と組織論先行に苦言を呈した。

また、仙谷氏は「復旧・復興の具体策を早急に実行することが何よりも重要だ。具体策は菅直人首相がその気になればできる。そのことで省庁の縦割りの壁を乗り越えていく」と語り、首相の指導力が不可欠だとの認識を示した。

原則2年とされる仮設住宅の入居期間について「期間延長はそれほど難しい話ではない」と延長に前向きな考えを示した。視察後、記者団の質問に答えた。(産経)>

<仙谷由人官房副長官は23日、東日本大震災の復興計画を実行する組織として、「復興院」(仮称)を創設することについて、「被災者本位でスピード感を持ってやっていくことが重要で、組織の在り方が政争のネタになってはならない。首相が権限と実行を担保すれば、(復興院を創設しなくても)できることだ」と述べた。(読売)>

<仙谷由人官房副長官は23日、宮城県気仙沼市を訪れ、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた漁港、避難所や仮設住宅などを視察した。この後、仙谷氏は「津波にどういう状況でのみ込まれたのかを考えるとつらかった。何とかもう少しやらないといけない」と記者団に強調。また、政府の支援策が十分伝わっていないことが「最も衝撃的だった」と述べ、住民の要望にきめ細かく対応するため、相談員の充実などの改善策を検討する考えを示した。

仙谷氏は政府の被災者生活支援特別対策本部の本部長代理を務めており、被災地入りは初めて。避難所では、時折言葉を詰まらせながら「(政府に)ああしろ、こうしろということがあれば遠慮なく言っていただきたい。しなければならないことは必ずやらせていただく」と呼び掛けた。

視察には辻元清美首相補佐官(ボランティア担当)も同行した。仙谷、辻元両氏は24日も福島県相馬市の避難所などを訪問する。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998741
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE