<< 「死んで堪るか」の真実 渡部亮次郎 | main | 中国バブル崩壊の足音が聞こえる  宮崎正弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







首相記者会見での質問に関し届いた抗議の葉書 阿比留瑠比
今朝、所用があって本社に寄ったところ、12日の菅直人首相の記者会見での私の質問について、賛否双方の葉書が届いていました。ご存じない方もいるかもしれないので記すと、私はこう聞いたのでした。

「現実問題として与野党協議にしても、最大の障害となっているのは首相の存在であり、後手に回った震災対応でも、首相の存在自体が国民の不安材料になっていると思う。一体、何のためにその地位にしがみついていらっしゃるのかお考えを聞かせてほしい」

これに対し菅首相はこう答えました。

「阿比留さんの物の考え方がそうだということと、私は客観的にそうだということは必ずしも一致しないと思っています。(中略)私とあなたとの見方はかなり違っているとしか申し上げようがありません」

私はこの質問をするに当たって、まだ菅首相の正体と危険性に気付かないか、あるいはそれこそ私と見方がかなり違っている人からは、強い反発を受けるだろうなと覚悟していました。なので、今回、以下のような抗議の葉書が来たことはまあ予想通りでした。

「私の周囲も菅さんは良くやっていると言っている」「いま菅さんにやめられて、政治的空白ができたら真っ先に困るのは被災者ではないですか?また菅さんが今やめたら日本は世界から見放されるのではないですか」
この葉書は、普段は産経の読者ではない匿名の方からのものでした。実際、そのように考え、感じている人もけっこう多いのだろうなと思います。そしてそれもまたご本人の自由でもあります。

ただ、私は全く違う意見であることをこの際、強調しておこうと思います。上の抗議に沿って反論すれば、私の見るところ

/さんは「主観的」にはよくやっているつもりだが、客観的には周囲に迷惑をかけ、事態を混乱させているだけ。

⊃さんが辞めたからといって、それで即政治的空白になどならない。むしろ、現在の方が政治的空白であり、それどころか政治的災厄となっている。菅さんがいない方がはるかに被災者支援は早く進んでいたはず。

世界中から軽んじられている菅さんが辞めたら、多くの国は歓迎するだろうし、株価だってかえって上がるかもしれない。

というのが実態であるように思います。ちなみに、菅首相と韓国の李明博大統領との会談にかかわった関係者は「菅さんはまるで李氏の臣下であるかのようにペコペコしていた。あんな恥ずかしい首脳会談は初めてだった。あの人は本当に内弁慶で国内では威張り散らすが外国には弱い」と語っていました。中国の胡錦濤国家主席との会談で、冒頭あいさつまでメモに目を落としながら行ったのはテレビにも映ったから有名ですね。どこに出しても恥ずかしい首相です。

ともあれ、日本が危機だから菅首相のままでいくというのは間違いで、この先もしばらく危機が続くからこそ、こんな人災首相は早く代えた方がいいと考えているのです。菅首相の震災以降の言動、指示内容を取材すればするほど、その感を強くしています。

また、こう見ているのは当然、私だけではありません。読売新聞の伊藤俊行政治部次長は17日付のコラムで、少しぼかした表現ながら、私と似たような見解を示しています(※()は私が補足しました)。

《「危機だから司令官(菅首相)は交代不能」で「次もいない」という以上、ボートの船長(自民党の谷垣禎一総裁)が艦橋に乗り込むのが進路変更の早道だ。ただ、司令官自身が結束の妨げとなり、不安の原因であるなら、この「前提」も疑った方がいい》

《北朝鮮の核危機と平行した細川、羽田、村山の3政権にわたるドタバタなど、危機下の指導者交代の例は少なくなく、「次」も必ず出てきた。「危機だから代えない」のか、「危機だから代える」かは、状況次第、人次第だろう》

私は能力、識見、人格ともに他者に劣りながら、一点、権力欲だけは一に百倍する菅氏が首相の座にしがみつく姿を見ていて、次のマックス・ウェーバーの言葉を思い出すのです。

「権力を笠に着た成り上がり者の大言壮語や、権力に溺れたナルシシズム、ようするに純粋な権力崇拝ほど、政治の力を堕落させ歪めるものはない」(「職業としての政治」)

杜父魚文庫
| 阿比留瑠比 | 16:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:53 | - | - | pookmark |







コメント
菅総理は原発事故当初は「大丈夫」といって政権維持に腐心し、あまりの無能ぶりに国民の非難があつまり始めると「この事故はレベル7でチェルノブイリと同じ」といって国民を脅し、国家の悪風評を自ら流し、マスコミに「総理を替える危険性」などと言わせ、政権に居座ろうとしている。殆ど病的権力亡者である。

いい年をしたマスコミのおっさんが「今は政局のときではない」などとTVで言っているが、菅総理の「嘘」を見抜けないようでは引退したほうが世のため、人のためである。
| yosi | 2011/04/18 9:24 PM |
阿比留氏の意見に賛成。

今回の大震災は、ある意味、戦争である。戦争では、幾ら兵隊が頑張っても、指揮官が無能では、確実に戦争に負ける。先の太平洋戦争を見れば、そんな例は幾らでも見られる。インパール作戦しかりガダルカナルでの玉砕しかりである。戦略を持った有能な指揮官でなければ、決して戦争に勝つことはできないのである。

無能な総理の下では、今回の大震災からの復興は出来ない。即刻、有能な人物に替わるべきである。
| 通りすがり | 2011/04/18 6:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998702
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE