<< 震災復興には日本人の意識革命が必要だ 佐藤鴻全 | main | 小沢一郎うごめく 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







新幹線350キロは「あぶない」 宮崎正弘
中国はやっと気がついた。新幹線350キロは「あぶない」って。日本の車両技術提供の条件は270キロ以下、それより早いと安全は保証できない。

英紙フィナンシャルタイムズが大きく伝えている(4月15日付け)。中国が自慢の新幹線(「中国高速鉄道」)のスピードを「安全性の確保」のため、時速350キロ区間を300キロ以下とする。

これは「大事件」だ。基本路線の修正にあたるからである。

じつは2011年2月に突如、鉄道部長(鉄道大臣、初代は、かの孫文)だった劉志軍が解任された。巨額の収賄容疑。つまり手抜き工事である。NYタイムズはレール敷設工事でセメントのごまかし等があり、安全性の問題ありと報じていた。

劉は2003年から七年間、中国高速鉄道建設の相責任者として、各地に8000キロもの新幹線を建設したが、専門家から「五年以内に大きな事故を起こすだろう」と指摘されてきたのだ。

なお中国では新幹線は「高速鉄道」(CRH)と呼び、車両は「ひかり」「やまびこ」「はやて」「とき」「ひびき」「こだま」などの名称区別がなく、すべては「和諧号」と命名されている。 

筆者も、「中国新幹線のりつくす」シリーズを或るビジネス情報誌にえんえんと連載中だが、実際に各地の新幹線に試乗してみて、その安全性に問題があることを何回も指摘してきた。

山東省で430キロをだす実験にも成功したが、いったいインフラ技術が貧しい線路で、そんなにスピードだけを競って、自慢して、どういう意味があるのだろう?

▼スピードは落とすが、工事はやめない!

日本側はJR東海が、全体のシステムごとの受注でなければ中国に協力しないと態度を鮮明にしてきた。以後、フランス、ドイツなどが技術を提供してきた。

しかしながら日本の車両メーカーは将来のマーケットを考慮して技術を提供した。或るメーカーが「250キロ平均」で車両を提供したところ、それを基に模倣車両を大量生産したあげく、330キロで試走した。

約束が違うとして、日中間では揉めに揉めたあげくに「270キロ以上のスピードで事故がおきても、日本側は関知しない。責任をとらない」とする確約書をとった。そういう経緯がある。

さて前部長更迭のあと、新しく鉄道部長に就任した盛光祖は「これから350キロ区間は300キロ以下に、200−250キロ区間の新幹線は200キロ以内にスピードを抑える」と発表した。

しかし同時に2015年までに4288億ドルを投じる新幹線の新線工事は拡大し続けると言明した。
 
参考資料 中国新幹線建設の現状と予定

 新幹線。開通済み<新線、新駅>

  Aクラス(300キロー350キロ)
  北京南―天津―塘古(北京―天津は30分)
  上海虹橋―南京(73分)
  広州南―武漢(三時間16分、968キロ)
  上海虹橋―杭州(53分、時間はノンストップ和諧号の場合)
  2011年4月時点で、上記よっつが一部区間350キロを出す。

  Bクラス(250-300キロ)
  北京西―保定―石家荘(115分)
  鄭州 ―西安(118分)
  成都 ―重慶(119分)
  福州 ―アモイ(88分)
  
  Cクラス(200キロー250キロ、やはり多くが新線)
  石家荘―安陽―鄭州
  天津―済南―青島
  杭州―寧波−台州―温州―福州
  広州東―深せん(10分おき)
  武漢―南京(北周りの新線)ほか。
 (ちなみに筆者は上記ABCの殆どに試乗しました)

2012年開通予定(合計13000キロの新幹線網、中期目標達成)
  北京―上海(大動脈。すでに敷設工事完了。2011年秋開業)
  大連―ハルビン(満鉄亜細亜号ルート。2012年開業か?)
  海口―三亜(海南島縦断。13年から15年の予定)

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 09:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - | pookmark |







コメント
はじめまして。

このニュースに関するブログ記事が思いのほか少ないので、興味深く拝見させていただきました。

ただ最後の高速鉄道資料ですが、分類の仕方に違和感を感じます。
分けるなら300キロ超の高速鉄道、200〜250キロ対応で建設された新線、在来線の線形改良で分けるべきです。

まず300キロ超の高速鉄道は記事の中のAに鄭州―西安を含みます。

続いて200〜250キロ対応新線ですが、記事の中の区間では、福州―アモイ、寧波−台州―温州―福州(杭州―寧波含まず)、済南―青島(天津―済南含まず)、広州―深せん、成都―重慶の一部、武漢―南京が該当します。

他に同一のものとしては石家庄―太原があります。


それ以外の区間、記事の中での北京西―保定―石家荘、石家荘―安陽―鄭州、天津―済南、杭州―寧波に関しては、在来線の改良区間であって新線ではありません。


なお海口―三亜ですが、東海岸の路線であるのなら、今年初めに開業済みです。
| 中国在住者 | 2011/04/15 11:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998682
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE