<< 「自粛」はやはり間違いだ! 古森義久 | main | 原発の放射能は、原爆の放射能より恐ろしいんですか?  クライン孝子 >>
樽床氏 首相退陣を暗に求める 古沢襄
民主党の樽床伸二元国対委員長は十四日、「こういう状況では、国家のためにならないという気持ちを大変強く持っている」と述べ、菅直人首相の退陣を暗に求めた。

さらに「自分たちの政権を守ることだけが、われわれの国民への果たすべき責任ではない」と語った。

一方、岡田克也幹事長は菅首相と松本健一氏の会談で福島第1原発周辺に「20年住めない」との会話が交わされたことについて「今回の松本参与の発言は、今まさしく苦しんでいる皆さんに動揺を与えかねない発言だ」と松本氏に苦言を呈した。
 
また玄葉光一郎政調会長も党の会合でのあいさつで「(松本氏の発言に)とても憤りを感じている。心の痛みが分かる政治をしていかなければならない」と批判した。

<民主党の樽床伸二元国対委員長は14日午後、国会内で開かれた自身のグループの会合であいさつし、統一地方選で同党が敗北したことについて、「こういう状況では、国家のためにならないという気持ちを大変強く持っている」と述べ、菅直人首相の退陣を暗に求めた。

樽床氏は、同党が候補擁立を見送った衆院愛知6区補選に触れ、「国政選挙で与党が不戦敗というのは大きな問題だ」と指摘。その上で、「一つずつけじめを付けないと物事は進まない。自分たちの政権を守ることだけが、われわれの国民への果たすべき責任ではない」と語った。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 19:44 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998677
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE