<< 日本のアトランティス物語・瓜生島 古沢襄 | main | 大連立協議は総論賛成でも各論では? 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国紙が「被災した東北を狙え」 宮崎正弘
中国紙、「日本の大震災と不況入りは中国にとって千載一遇の機会だ」。「中国企業が基幹部品や素材の供給先として日本の地位を一気に奪える」とホンネ。

中国の経済専門新聞「第一財経日報」(3月29日)は、「日本の大震災と不況入りは中国にとって千載一遇の機会であり、これを契機に中国企業が基幹部品や素材の供給先として日本の地位を一気に奪える」とホンネにしたがって扇情的な報道をした。

また日本経済の“空白”に中国が食い込む好機として、経営難に陥る日本企業の買収が近道だとした。理由は被災した東北地方にIT関連や自動車の部品メーカーなどが密集しており、買収が容易になると予測した。

あけすけにホンネを表現するあたり中国のメディアらしいが、これは中国の願望を述べただけであって、実現はたいそう難しいだろう。

第一は品質の問題があって、中国経営が日本で部品を展開しても、エンジニアの確保が難しいうえ、被災した多くは下請け系列が明確で、外国資本が食い入る余地は極めてすくない。

第二はとくに東北地方は中国資本をいやがる。仙台市がチャイナタウン構想を拒否したように。

第三に日本人は今次大震災により、救援活動、義援金、ボランティアなどで大きな団結をみせたばかりで、外国人が入り込む余地はすくないうえ、日本人の情緒はむかしから火事場泥棒的遣り方を好まないのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎毎日一行● 気がつけば桜は満開。花見の人出、例年の半分以下では?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 宮崎正弘 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998602
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE