<< 司法界に八百長はないか 山堂コラム | main | 中国へのODAなんて、病気の発想!!! 古森義久 >>
中国紙が「前原首相の確率が大幅減」と 古沢襄
単なる事務的なミスとして逃げようとする民主党執行部に対して、前原外相の辞任を求める野党は、週明けの参院審議を見た上で、外相問責決議案を出すことを視野に入れ始めた。

興味深いのは中国が一貫して前原氏に批判的な立場をとっている。環球時報は「前原外相はクリーンなイメージがあったが、明らかに政治資金規正法に違反している。小沢元代表の政治献金問題では、メディアを前に痛烈に小沢元代表を批判していたが、ついに自身のしっぽを掴まれてしまった」と皮肉な報道をした。

さらに記事は「前原外相は今回の件で首相になれる確率は大幅に低下した」と追い討ちをかけている。

<前原誠司外相が政治資金規正法が禁じる外国人からの政治献金を受けていた問題で、自民党など野党側は5日、前原氏への辞任要求を強めた。拒否されれば、野党が多数を占める参院への問責決議案の提出も辞さない構えだ。

これに対し、菅直人首相や民主党執行部は「事務的なミス」として擁護する考えだが、同党内からも辞任論が上がっており、外相の進退が焦点になりつつある。

菅直人首相は同日午後、党本部で開かれた全国幹事長会議であいさつし「民主党が誕生してもっとも厳しい局面にある」と述べ、菅政権の現状に強い危機感を表明。4月の統一地方選に向け「一緒に頑張ろう」と結束を呼び掛けた。

これに先立ち、岡田克也幹事長はテレビ東京の番組で、前原氏について「事務的ミスで金額も限られている」として、辞任は不要との認識を示した。

ただ、2011年度予算関連法案の成立のめどが立たない厳しい国会情勢を考慮し、小沢一郎元代表に近い幹部は「閣僚は辞めざるを得ない」との見方を示している。前原氏が「政治とカネ」で小沢氏を厳しく批判してきたことから、同氏に近い議員の間で、辞任論が広がる可能性もある。

これに対し、自民党の谷垣禎一総裁は5日、京都市内での会合で「事実関係を明らかにし、しかるべく対処いただかねばならない」と前原氏の辞任を要求。山本一太参院政審会長はTBSの番組で「首相の任命責任も出てくる」と指摘した。

同番組で公明党の高木陽介幹事長代理も「けじめを付けてほしい」と足並みをそろえた。同党など野党は7日の参院予算委員会で、献金問題を追及する考え。自民党幹部は「週明けの審議を見た上で、いずれ外相問責決議案を出すだろう」と述べた。

一方、前原氏が献金を受けたのは、地元京都市内の在日韓国人。前原氏は5日午後、神戸市内で開かれた外務省主催のタウンミーティングで講演したが、献金問題には触れなかった。6日の日程をキャンセルし、5日中に帰京する予定。(時事)>

杜父魚文庫
| - | 20:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - | pookmark |







コメント
民主党とその支持者はどうも日本と日本人に底知れぬ敵意をもっているようである。
ヽ姐饋傭亙参政権付与
旧朝鮮歴史的文物返還
D鮮学校経費負担
い△蠅發靴覆ぁ崕招外岼舵慂篏」とその詐欺運動への議員加担
テ本人拉致犯の保釈加担
β緝汁挙への外国人(実態は在日朝鮮人)参加
その他あげればきりがない。
今度の前原の外国人からの献金事件もこの底流があってのことである。
外国人からの献金を喜んで押し頂く外務大臣。情けないことである。職務を考えれば万死に値する。これくらいのこと松下政経塾や京大の高坂先生は教えなかったのですかね。
| yosi | 2011/03/05 10:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998373
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE