<< 首相退陣と引き換えに予算関連法案成立に協力を得られないか打診 古沢襄 | main | 広がる首相退陣論、”流れ止まらぬ”と参院幹部 古沢襄 >>
政局の焦点は菅首相の進退に   阿比留瑠比
解散か総辞職か国民不在の居座りか

民主党と菅政権は17日、音を立てて崩れ始めた。小沢一郎元代表の党員資格停止処分で開いた小さな蟻の一穴は、轟々(ごうごう)と「政党崩壊の序曲」(自民党の谷垣禎一総裁)を奏でながら、堅牢(けんろう)に見えた民主党政権の堤防を決壊させている。

17日午後、国会内で開かれた樽床伸二元国対委員長のグループ会合。話題は当然、16人の会派離脱問題となったが、議論は堂々めぐりを繰り返していた。

「(国民に信を問う)衆院解散以外に何がある? 4月解散、5月選挙だ」
「平成23年度予算関連法案が通らなくてもずるずるとやるだろう。それがあの人(菅直人首相)だ」

野党が多数を占める参院で予算関連法案が否決されても、衆院の3分の2以上の賛成で再可決・成立させる−。首相や執行部が描いていたシナリオは、16人もが反旗を翻したことによって、遠い夢物語となった。

数合わせのため、執行部がよりを戻そうと接近した社民党にもふられそうだ。社民党は鳩山由紀夫前首相の海兵隊の抑止力は「方便」発言もあって、関連法案の柱である赤字国債発行のための特例公債法案に反対する方針だ。

政局の焦点は、どう予算関連法案を成立させるかの技術論の段階から、首相の進退問題へと位相が移った。首相に残された選択肢は、「退陣」か「解散」か「政権居座り」−の三つしかない。

「解散、解散!社会保障と税の一体改革はその後の話だね。小沢氏は公認しないだろう」

首相周辺はあっけらかんと話す。ただ、首相がニュース番組に出演すると視聴率が急激に下がり、内閣支持率も2割前後と地を這(は)う中で「やけくそ解散」に打って出ても大敗は必至だ。

「解散に追い込まれたらまた政権交代だ。くそっ」

菅グループの中堅議員がこう予想するように、首相は、民主党政権を終焉(しゅうえん)に導いた主役として歴史に名を残すことになりかねない。そもそも、負けが分かり切っている選挙を望む民主党議員もいない。

「菅さんはああいう(権力に執着する)性格だから辞めないと思うが、ここまで支持率が落ちては解散は難しい」

政府関係者も今後の展開には首をひねる。プライドの高い首相は、追い詰められた末の内閣総辞職は選ばないとみるが、かといって解散を決断するには情勢が悪すぎるからだ。

仮に首相が退陣しても、それで野党が予算関連法案の成立に協力的になる保証はどこにもない。かとはいって政権に居座っても事態は何も改善されず、政治は停滞し続けるだけだ。

4月の統一地方選でまた民主党が敗北すれば、菅政権への風当たりは暴風雨レベルに達するだろう。「進むも地獄、退くも地獄」なのだ。

「全く理解できない行動だ。全く理解できない…」

首相は17日夜、16人の会派離脱表明について記者団にこう繰り返した。最近は精気に乏しく、「目のうつろな人」(自民党の町村信孝元官房長官)と呼ばれる首相が、決断を迫られる日は近い。(産経)

杜父魚文庫
| 阿比留瑠比 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998276
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE