<< ムバラク後のエジプト情勢 古沢襄 | main | 石原の「天皇利用」がにおう 岩見隆夫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ムバラク退陣でNHKも死んだ 花岡信昭
11日は明け方まで仕事していて、休日だから昼過ぎまで寝ていた。起きだして新聞を見ると、朝毎読3紙が「ムバラク大統領辞任へ」と1面トップで大きくいっている。(産経と日経は1面準トップ扱い)

これは歴史的な1日になるとテレビをつける。地上波はいつも通りの番組。CSの民放系ニュース局にまわす。ここも定時ニュースの中で扱うだけ。

こういうときはCNNかBBCだ。やはり、エジプトの特別番組を延々とやっている。現地からの中継映像だと、広場には多くの国民が依然として集結している。

午後3時になってNHKニュース。なんとエジプト情勢のニュースは出てこない。またCNNに戻して見る。

ムバラクは権限を副大統領にゆずるものの、名誉職的な国家元首として居残りをはかっているらしい。それを国民が許さず、緊張が続いている。

ムバラク独裁体制が崩壊して、民主化されれば結構だが、怖いのはエジプトの「イラン化」だ。イスラム原理主義勢力が出てくると、アラブの盟主の国際的立場はがらりと変わってしまう。

日本のテレビを見ていても、世界の動きは分からない。CNNやBBCに頼ることになる。これが日本のテレビジャーナリズムの実態だ。

NHKは日本版のCNNをつくればいい。これは国際的な取材体制が完備しているNHKしかできない。波をたくさん持っているのだから、1局だけニュース専門局にする。

そうすれば、NHK批判もだいぶおさまるのではないか。

ついでにもうひとつ。欧米のテレビは成熟した知的イメージを持ったそれなりの年齢の女性キャスターがニュースを伝えている。

日本のテレビは「女子アナ」なる「子ども」がたどたどしくやっている。取材経験などまったくないことがよく分かる。

ニュースを女子アナの練習場にしていると、しっぺがえしがくる。

そして・・・12日午前1時、ついにムバラク大統領が辞任した。携帯のニュース速報を見て、テレビをつける。案の定、NHKは速報テロップがはいっただけ。

CNN、BBCは「ブレイキングニュース」を当然ながらやっている。NHKはお笑い芸人の舞台裏をルポした番組をそのまま続けている。

念のため、ほかの民放やBSを回してみたが、特番をやっているところはどこにもない。せいぜい、CSの民放系ニュース局でニュースの枠内でやっているだけだ。

この1時間半前に、エジプト当局から「重大発表がある」という声明が出ていた。この時点での重大発表となれば、ムバラク辞任しかない。

NHKは特番を組もうと思えば、十分に余裕があったはずだ。それよりもなによりも、1日前からムバラク辞任の可能性が伝えられていたのである。

11日午後7時のニュース。トップは目黒の老夫婦殺傷事件の犯人逮捕、次いで大雪関連。エジプト情勢はその次だった。この完全な内向き姿勢。これでいいのか。

NHKは国際的存在ではなかったのか。この歴史的瞬間で特番を組まないようでは、NHKの名が泣く。とにかく世界に通用する放送局とはいえなくなる。

チュニジアに始まった「ネット革命」がアラブの盟主エジプトに及んだのである。これで中東のほかの独裁的国家の行方が一段とクローズアップされることになる。

アメリカとの関係が心配だ。ムバラク退陣によって、イスラム原理主義が前面に出てくることはないのか。イスラエルはどう動くか。日本との良好な関係はどうなるのか。

中東にエネルギーを依存している日本にとっても他人事ではないのだ。これだけの歴史的国際ニュースにこれだけ無関心でいられる神経が分からない。

CNNやBBCは国際社会に通用するテレビだが、日本を代表するはずのNHKがこのていたらくでは、日本はいよいよ国際社会の孤児となる。相手にされなくなる。

現地からの映像を流して、専門家を呼んで解説するだけでいい。特番として難しいものではない。NHKは午前2時過ぎ、10分間ほどのニュースを流しただけだった。ムバラク退陣の日はNHKが死んだ日として歴史に残してもいい。

新聞は質、量ともに、多角的な分析を加えた総合紙面をつくるだろう。午前1時過ぎというのは編集上は難しい時間帯だが、どこまで重厚で読者に飢餓感を与えない紙面をつくるか、編集局あげての作業となる。NHKにはその能力もないのか。

杜父魚文庫
| - | 13:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:19 | - | - | pookmark |







コメント
はじめまして。米国在住の豊島と申します。いつも興味深く拝見いたしております。
私はNHKの英語放送NHK WORKDを見ておりますが、毎正時のニュースではエジプト関連がトップニュースですし、特派員ららとの解説も充実したものと思っております。もちろん取材陣の厚さの差異などか、臨場感ではCNNなどには今一歩かと思いますが、アジアからの視点を感じBBCに劣らぬバランスある放送と日本人として少々誇りに感じております。
今日の貴記事を拝見し、なぜNHKがこのバランスあるニュースを日本国内に流さないのか、非常に残念に存じました。
公共放送かつ日本を代表するNHLとして、国内外にたいしてバランスある情報発信を期待いたします。
| yasu | 2011/02/12 4:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998225
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE