<< 平成23年は”大正100年” 古沢襄 | main | アフガニスタンで連日の誘拐事件 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







官僚主導にも効用あり 古森義久
日米関係もいくらか安定したきたようです。とくに日米両国の関係では最重要な安全保障、つまり日米同盟もなんとか従来どおりに堅持できるという印象がもどってきました。

なぜそうなったのか。一言でいえば、鳩山由紀夫氏が首相ではなくなったからでしょう。鳩山政権のころは総理が先頭になって日米同盟の根幹を否定し、非難するかのような言辞が連日のように飛び出していました。アメリカ側からは「これが日米同盟の終わりの始まりだ」という不吉な論評が出たほどでした。

鳩山氏でも他のどの政治家でも、日米同盟はないほうがよいという政策を明確に示したうえで、同盟について否定的な言明をするというのなら、それはそれで一つの政策でしょう。ところが鳩山氏は一方で「日本の外交の基軸は日米同盟だ」などと言明しながら、他方でアメリカの国家のあり方までをけなし、「日本はアメリカを離れて、中国とアメリカの中間に立ち、橋渡し役になるべきだ」などという反米言辞を吐き続けたのです。

この矛盾に満ちた発信プロセスで示されたのは悪しき政治主導の弊害でした。私自身は国家や政府の基本としては国民に選ばれた政治家による主導を支持し、官僚主導の害を多方面から批判してきました。しかし鳩山政権はその「主導」役の政治家の質が粗悪だった場合、きわめて危険な事態がすぐに起きるという可能性を実証しました。とくに継続性や安定性が求められる外交とか安全保障の分野で、悪しき政治主導が起きると、弊害が大きくなることを実感させられたのです。

やはり一国の外交政策、安保政策の継続や安定を保つためには、一貫して政策の実施にあたってきた官僚の役目が不可欠となります。この点でわが外務省、在米日本大使館、とくに藤崎一郎駐米大使が鳩山政権の対米外交での迷走や暴走にブレーキをかけるうえで果たした役割は大きかったといえます。政治の迷走による外交面での被害を最小限に抑えた功績といいましょうか。

藤崎大使はいまの外務省でも有数の知米派です。アメリカでの勤務、とくにワシントンでの活動やオバマ政権高官たちとの交流の実績では、いまの外務省全体でもトップ級です。これまでの日本の駐米大使のなかにはアメリカ経験のない官僚外交官もいました。だから官僚外交にも悪しき側面があるわけですが、このところの藤崎大使に象徴される日本の対米官僚外交はもっと評価されてよいと思います。

最近、その日本大使館と正式に交流する機会があったので、私のそんな感想を率直に述べました。2月4日夕、ワシントン駐在の日本の報道陣と日本大使館館員たちとの意見交換の集いがあったのです。私はたまたま産経新聞が当番の幹事社だということで、挨拶と意見の表明を求められたのです。私の挨拶の内容は以下のとおりでした。

産経新聞の古森義久です。たまたま今月は新聞各社のなかでは産経が幹事社ということなので、本日のお招きに応じた報道各社の方々を代弁する形で、ご挨拶をさせていただきます。

藤崎一郎大使、日本大使館のみなさま、本夕はこうした意見交換と歓談の機会を設けてくださり、ありがとうございました。政府機関と報道機関と、言わずもがな、立場は異なりますが、ワシントンを拠点とする日本とのつながりはともに大きな共通項であり、その共通の領域でメディア側がいろいろ大使館にお世話になっていることへの感謝もまずこの機会に改めて表明させていただきます。

さて、この集まりの表題は意見交換ということなので、ちょっと私自身の余計な考察のようなことを述べさせていただきます。

この一年ほど、日本側での歴史的な政権交代から生じた政策面での激変、あるいは激変とみえるような動きのために、日米関係も安全保障を中心とする根幹部分で大きく揺れ動きました。その過程での在米日本大使館、とくに藤崎駐米大使の役割は陰に陽に、きわめて重大だったようです。

昨年の冒頭あたりに日本の新政権から発信されていたメッセージは断片的とはいえ、日米同盟の基本を変えかねないような方向を指し示していました。日本はアメリカから離れ、中国との中間で橋渡し役になるとか、在日米軍は第七艦隊以外はもう要らないとか、それはそれで斬新な提案ではあります。

しかしその後の展開で明示されたように日本国民の大多数は日米同盟を堅持していくという政策を望んでいました。その政策がきちんと保たれるという年来の状態をほぼ復活するにいたった点では在米日本大使館の貢献は大きかったと思います。

日本の政府や政策のあり方に関して、外交も含めて、私自身は新聞記者として政治主導の優先を長年、主張してきました。しかしこの一年ほどの日本の新政権のアメリカへの言動をみていて、継続性や安定性が大切な外交、そして安全保障政策という分野では官僚主導の効用もある、あるべきなのだなと、実感するにいたりました。官僚の役割の重要性ともいえます。

こんな言葉はこれからおいしいご馳走をいただくためのリップサービスと思われるかもしれません。しかし本当に私としては、国民一般の立場から粗悪な政治家主導と粗悪な官僚主導と、どちらを警戒すべきかとなれば、外交や安保では、前者の危険性がずっと高いと思うようになったこの一年でした。

日ごろの取材に関してとなると、記者側は100人以上もいるのですから、日本大使館へのかかわりは千差万別でしょう。大使館と報道陣との接触の中心となっている藤崎大使の定例の会見、懇談にしても、大使を有益な情報をふんだんに提供してくれる愛すべき天使のように感じるか、あるいは悪魔ではないにしても、なにも教えてくれない壁のようにみるか、記者の皆さん次第でしょう。

ただし長年の日本大使館ウォッチャーとして言わしていただくと、いまの大使の記者団との顔合わせでは歴代大使のケースにくらべ、発せられる言葉が多く、笑いも多いという印象はあります。リラックスした雰囲気も快適に思えます。

これまた長年の藤崎ウォッチャーとすれば、藤崎さんもずいぶん言葉を発してくれるようになったなという感じはします。それが大使側にとってよいことなのかどうかは、私にはわかりません。 まあ、こんなところが私の意見であります。 本日は本当にありがとうございます。

杜父魚文庫
| 古森義久 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:15 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/998215
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE