<< 中国の発表数字は信頼するに値しない 宮崎正弘 | main | 民主党のメルトダウンンが始まった 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







小沢駄目だが菅はもっと駄目 渡部亮次郎
先輩政治記者の古澤 襄(のぼる)さんが指摘している。<得票率でみると61%支持だった民主党は守谷市が14%、59%支持だった取手市が17%に転落している。総選挙で民主党を支持した層がみんなの党に流れた。

菅内閣に愛想をつかした支持者が民主党から離反したことが明らかである。おそらく全国的にみても、民主党が強いといわれた地域でも同じ傾向が生じているのではないか。

菅内閣の支持率は20%台スレスレで踏みとどまっているが、実態は10%台に突入している。このまま党内抗争を続けていれば、ヒトケタ転落も時間の問題ではないか。

それにしては民主党幹部の危機感は希薄である。風の乗った選挙頼みの民主党は、向かい風に曝されると予想以上に脆さを露呈している。>http://blog.kajika.net/

古澤さんとは、その昔、いわゆる「角福戦争」と言われた田中角栄と福田赳夫両氏によるポスト佐藤の自民党総裁争いの取材で、福田番を彼は共同通信、私はNHKとして肩を並べた仲。今は茨城県守谷市に引っ込んだというものの中央政界に隠然たる影響力を所持している。

http://blog.kajika.net/ 杜父魚文庫ブログでの古澤氏の発言は政界のみならずマスコミ界にも重い信用を得ている。その古澤氏が14日に行った発言がこれである。

「菅内閣の支持率は20%台スレスレで踏みとどまっているが、実態は10%台に突入している。このまま党内抗争を続けていれば、ヒトケタ転落も時間の問題ではないか。

それにしては民主党幹部の危機感は希薄である。風の乗った選挙頼みの民主党は、向かい風に曝されると予想以上に脆さを露呈している」。

これに対して岡田幹事長ら民主党主流派は「カネに汚れた小沢氏を追放しさえすれば菅内閣の支持率はV上昇する」と信じ込んで小沢氏に対処しようとしている。

< 民主党の岡田克也幹事長は14日午前、小沢一郎元代表の国会招致に党内から反発が出ていることについて「常識にかなうことをしている。国会での説明を求める国民の声をどう受け止めているのかが問われる」と反論し、小沢氏に衆院政治倫理審査会への出席を重ねて求めた。

その上で、小沢氏が招致に応じない場合は政倫審での招致議決を行うよう党内手続きを進める考えも示した。

13日の党役員会で決まった「幹事長一任」の意味について「小沢氏本人が政倫審に出て説明することが基本だが、それがかなわないときには、党として決定しなければならなくなる、ということまでは役員会で確認した」と強調した。>産経新聞 2010.12.14 11:57

ここでは書かれていないが、この決定をした「役員会」に党首たる菅首相は欠席しているのである。党を統率すべき党首が決定的な決定をするかもしれない肝腎な役員会を欠席するとは解せない行為である。またも逃げたのだ。

産経新聞とフジニュースネットワークによる12月11・12両日実施の世論調査では、「早期に小沢元代表の国会招致を実現すべきだ」は70・5%が賛成しているから、小沢切り論も一理はあろう。

しかし、59・6%から「不支持」を突きつけられた菅政権に就いて聞くと
首相の人柄―評価しない 44・2%
指導力―評価しない   84・4%
景気対策―評価しない  80・6%
社会保障政策―評価しない 67・8%
外交安保政策―評価しない 82・6%
国民へのメッセージ発信―評価しない 76・9%
政治とカネ問題対処ー評価しない 74・2%
普天間基地を沖縄県内に移設する日米合意の遵守―評価しない 54・5%

となっている。「指導力に欠け」「安保政策は判っていない」「景気対策は不十分」ときて小沢問題への対処も不十分と決め付けられている。国民は問題の処理を岡田幹事長に押し付け、肝腎の役員会を欠席して「逃げる」菅首相を嫌っているのである。

だから小沢氏が政倫審に出るようなことがあっても支持率のV回復はあり得ない。「民主党幹部の危機感は希薄」と古澤さんの指摘だが、私から見ると彼らは単なる「素人」に過ぎない。通常国会で潰れるだろう。

杜父魚文庫
| - | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997871
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE