<< 虚偽答弁を許容する政府答弁書って… 阿比留瑠比 | main | 枯渇している北朝鮮の石油事情  古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国の米国債保有で新考察   古森義久
米国の首都ワシントンでのいまの国際的な論題といえば、なんといっても中国だろう。

このところ中国を主題とするオバマ政権高官の演説や議会の公聴会、民間シンクタンクでの討論会などが連続する。1日に中国関連の集いが4つも、というのも珍しくない。米国にとって対外的には中国との関係がいま最も気になるということだろう。

さて重みを増す米中関係では「中国は米国債の最大保有国だから米国の弱みを握り、米国は中国に頭が上がらない」という診断がよく語られる。日本側でも、一般になんとなく受け入れられた認識だといえよう。だがこの認識を的外れだと断じる見解がワシントンでこのほど公表された。

中国は今年7月の時点で香港を合わせて合計9820億ドルの米国債を保有した。この額は各国当局の米国債保有でも最大で、外国機関が保有する米国債全体の約25%、すべての米国債保有のうちでも12%となる。この巨額の中国マネーは米側の財政赤字を埋め、インフレ抑制にも寄与するわけだ。

中国のこんな大規模な米国債購入は米国を中国マネーに依存させ、財政以外の政治、安保、人権などの領域での中国への姿勢を弱める威力を発揮するとの認識を生んできた。とくに中国側が一気に大量の米国債を売り払った場合、米側には大混乱が起きるとの懸念も広範に語られてきた。中国人民解放軍幹部がそんな「米国債売り」の威嚇の言明をしたこともあった。

中国の温家宝首相は「中国は米国に巨額の資金を貸している。私たちは米国が信用を保ち、中国の資産の安全を保障することを求める」と述べた。

国家ファンド「中国投資有限責任公司」(CIC)の高西慶社長は「米国の経済は中国など諸外国からの支援の上に成り立っている。とくに資金の支援を供する国には叩頭(こうとう)とはいわないが丁重に対するべきだ」と語った。いずれも中国が米国債保有により米国の上位に立つのだというメッセージだった。

だがそんな力関係は虚構だとする主張が米国議会政策諮問機関の「米中経済安保調査委員会」から打ち出された。11月中旬に発表された同委員会の2010年度報告の「中国の米国債保有の意味」についての章の記述だった。同委員会調査に協力した専門家多数の見解の集大成である。以下がその骨子だった。

▽中国の米国債の大量保有は米国への善意でも影響力増大のためでもなく、対米貿易黒字からのドル資金を自国内の資本取引規制で一気に集積し、人民元の通貨レートを低く抑える効果を発揮させて、輸出をさらに拡大する一方、ドル資金の多くを米国債購入で安全なドル表示資産として保つ−という自国の経済戦略を動機としている。

▽中国が米国債を大量に売れば経済の高度成長、輸出大幅増加の継続、自国内の工場や生産機器への投資の拡大というこれまでの経済戦略の基本が変わり、人民元レートも高くなる。

▽中国の米国債大量売りはドルの価値を下げ、中国のドル表示資産全体の価値の大幅下落をもたらす。ドルの10%値下げは中国のドル資産全体に1500億ドルの損失を生むと推定され、中国自身が巨大な被害を受ける。

▽中国がドル資産を売れば、他の外貨への切り替えが必要になるが、ユーロも日本円も中国が従来、米国債に投入してきた水準の資金の受け入れに十分な規模も条件も有していない。現在、全世界の通貨取引の85%を占める基軸通貨としてのドルの比重はあまりにも大きい。

こうした理由から同報告は「米国は中国の米国債大量保有を圧力や武器として恐れる必要はない」という結論を出す。中国政府の代表たちがときおり米国債の大量売却や購入停止を脅しのように提起することは空疎だとも断じるのだ。米中関係の重要な側面への注視すべき考察だといえよう。

杜父魚文庫
| 古森義久 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:05 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997851
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE