<< あやうく中学生に仕分けられそうだった蓮舫氏 阿比留瑠比 | main | 小沢氏、新党結成に言及 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







習近平時代を迎える中国と反日運動 宮崎正弘
▲「新皇帝」のおなり

中国共産党第十七期中央委第5回全体会議(五中全会)は十月十八日に閉幕したが、この重要イベントにぶつけるかのように会議最中の同月十六日に成都、西安、鄭州、翌日からは綿陽と武漢、徳陽などで過激な反日暴動がおきた。公安、軍の一部が上海派と組んでの演出説が強い反日デモだった。

五中全会は大波乱が予測されたが、いざ蓋を開けると第12次五カ年計画の基本方針は原案通りパス、また今後5年間の経済・社会・民生発展方針もなんなく可決された。「政治改革」は温家宝首相の演説だけ。もっとも注目された権力闘争の決着は胡錦濤ら主流派の計画に齟齬が生じ、子飼いの李克強副首相の躍進はならず、逆に「太子党」(高級幹部の子弟ら)の習近平が上海派の強い後押しによって軍事委員会副主席に選出された。

これにより今後の政局運営を予測するならば「胡錦濤(団派)」vs「上海派」という権力闘争の構造バランスに大きな変化が生まれた。どちら付かずの太子党を上海派が引き寄せ、これまでの三派鼎立から上海派+太子党連立へと流れが変わりそうなのだ。

「和諧社会」をめざし所得の均質化、安定した社会を目標としてきた胡錦党政権だったが、改革路線に内心で反対するのは利権構造を活用して富裕層を増やし共産党員の特権維持をとなえる上海派と太子党だった。
 かれらは胡・温執行部の「改革」に敵対的なのだ。

「反日教育」を推進し、矛盾を日本にむけることで政権を維持した江沢民のあとを受けた胡錦濤政権は独自のカラーとして「親民路線」というポピュリズムに訴え、毛沢東思想への回帰を看板として綱紀粛正、汚職追放も訴えた。

うわべだけとはいえ毛沢東は「誠心誠意人民に奉仕せよ」と言った。胡錦濤は「政治改革」を強調したが、唱えれば唱えるど利権で太る上海派が反発し、汚職構造に手入れをすると特権にぶら下がる太子党も上海派に便乗して反発してきた。このため権力中枢は各派入り乱れ、ささくれだっていた。胡錦濤とコンビの温家宝首相は災害が起きるとすぐに被災地へ飛んだりして庶民の人気は高いが、党内の評価はひくい。温は「影帝」と言われた。

習近平の軍事委員会副主任決定は政治闘争としてみると上海派の勝利におわり胡錦濤指導部はレイムダック入りする懼れがある。

習近平は二年後の第十八回共産党大会で、党総書記、軍事委主席となり、三年後の全人代で国家主席につくと予測される。つまり三権独占が射程に入った。「新しい皇帝」(英誌エコノミスト、10月23日号表紙)の誕生が日程にのぼったのである。

しかし日本のマスコミの評判とは裏腹に、世界のチャイナウォッチャーの評価は芳しくない。

香港「りんご日報」(10月21日)は習近平の軍事委員会副主席入りは「ダークホースが王権を手にしたが彼は高級幹部一族の太子党所属であり、特権階級の権利を擁護し、独裁体制を維持させることに汲々とする連中が支持基盤である限り、大変革なんぞありうる筈はない」と冷淡に分析して続けた。「習が『改革派』『開明派』として知られた習仲勲の息子であることだけを理由に、政治改革に大なたを振るい、“中国のゴルバチョフ”になるかもという淡き期待は消し飛ぶだろう」。

五中全会直前まで中国専門家の多くは、国民から嫌われる上海派の影響力をそぐために胡は習近平の軍事委副主席就任を、もう一年先延ばしにして、腹心の李克強との抗争をコントロールしつつ政権維持に繋ぐだろうと予測していた。

五中全会直前にノーベル平和賞が民主活動家の劉暁波に決まったことも国民の上海派、太子党への反感と怨念を爆発させる絶好の機会となった。中国国内の世論が明瞭に分裂し、党はマスコミを抑えているからノーベル賞に不快感を示したが、民衆はネットやツィッターを通じて万歳を叫んでいた。

尖閣諸島近海での日中間の衝突を奇貨として江沢民派(上海派)が、「反日」を政治的梃子に活用しはじめたため途中から胡錦濤らの思惑が狂ったのである。「中華思想」という麻薬は大衆を刺激するのだ。

反日暴動の背後でリモート・コントロールしたのは明らかに「院政」を敷く江沢民のグループだ。思い出されたい。北京五輪と09年国慶節に胡錦濤と並んでひな壇に立った江沢民は「軍を抑えているのはこの俺様よ」と無言の裡に画面を通して訴えた。何の肩書きもないにもかかわらず。

日本の一部が期待した李克強(副首相)は乱世の指導者としては線が細く、事務屋あがり。あの修羅場、中南海の権力闘争の火力に燃えつきて次の首相さえ危なくなったようだ。李克強とコネが強かった小沢一郎の政治力も日本では沈没寸前だ(李克強は小沢の家にホームスティした経験がある)。リリーフの暫定首相に王岐山(副首相)らの名前が早くも取りざたされている。十月二十四日、G20の帰路、ガイトナー米財務長官はわざわざ遠回りして青島に立ち寄り、王岐山と密談しているほどに。

▲習近平は性格が穏和、忍耐力がある?

さて次期皇帝・習近平とはいかなる性格の、どのような特徴を秘めた人物なのか。日本のマスコミは「協調的」「穏和」などと褒めそやすが、はたしてそうか。当面、にこにこと粧っているだけで権力を掌握するまで本当の姿を見せないだろう。

習の父親は副首相をつとめた革命元勲のひとり習仲勲だが膨徳懐将軍の側近だったため、毛沢東に睨まれて失脚を余儀なくされ、じつに十六年を失意に暮らした。その困窮と絶望の日々に少年から青年時代を過ごした習近平には一種ニヒリズムが漂う。遅れて精華大学を卒業し、人民解放軍秘書長のオフィスで三年間、このときに人脈をふやしたものの目立つ存在ではなかった。無名だった。

しかし長身で落ち着きがあり、仕事もこなせるので福建省省長から浙江省書記へ大出世(省長は書記より二段階格下)、そしていきなり上海書記に抜擢されたのも背後に江沢民がいたことは明瞭である。

上海へ栄転理由はと言えば、胡錦濤が上海書記だった陳良宇が悪質デベロッパーと組んでの乱開発などのスキャンダルを捜査させ、逮捕起訴したため。この陳良宇失脚のタイミングでは上海コネクションに無縁に見える人物を選定する必要に迫られた。そこですぐ上海の南、浙江省書記でめきめき頭角をあらわしていた習近平が江沢民の右腕、曾慶紅の眼鏡にかなったのだ。当時の曾慶紅は国家副主席で、日本にも何回か着た知日派。謀略家。そしてニヒリスト。息子を豪州へ移住させている。

習近平は、この江沢民ー曾慶紅ラインの強い引き立てで上海書記から次はいきなり中央へ二段階特進、政治局常務委員となった。大躍進につぐ大躍進である。

しかし習近平はこれという指導力もなく官僚的ボス体質が強い。江沢民のミニチュアと囁かれる。けれども習近平には若き日の軍歴があり夫人の膨麗媛が軍幹部(少将で専属歌手)であるために軍のウケは非常に良い。

将来の主席コースに乗った習近平は箔をつけるためやたら外遊が多く、真っ先に行ったのは北朝鮮、日本に来たときはごり押しして天皇陛下に拝謁したのは周知の通り。ところがメキシコでは酔った勢いで「たらふく食っている連中が、革命の輸出をしていない我が国を批判するとは何事か」と罵詈雑言を並べ、世界のマスコミがこの醜聞を取り上げた。香港マスコミでは彼の愛人スキャンダルが俎上に乗っている。

この人物が二年後に党の総書記+軍事委員会主席となり、2013年3月の全人代で「国家主席」+「国家軍事委員会主席」のポストも抑えると、完全に統帥権を確保することになる。中国はさらに軍事路線を強め、軍の支持が強い政権となるために軍事的冒険に打って出てくる危険性も現政権より高くなる。

さて尖閣衝突直後とノーベル平和賞騒ぎ直後との二回に分けて過激な反日デモがおきたのか?そもそも中国における反日デモは「官製デモ」、つまりヤラセだ。
 
第一に反日デモが特定の地域でしかおきておらず、もし全土的に反日感情が存在するとすれば、もっとも尖閣諸島奪回の取り組みが勇ましい香港(『保釣行動連合会』本部がある)や同調組のいる台湾でもおこるはずなのに尖閣衝突直後はともかく、第二波の動きがなかった。北京、上海、広州はいうに及ばず、大連、瀋陽、青島、重慶といった日本領事館所在地での動きは皆無だった。
 
第二は異常な警備だ。05年の反日暴動のとき警備はジェスチャー的に出動したが日本大使館への投石も黙認し、まじめに警備をしなかった。今度はたかだか数千のデモに出動した。暴動の翌日からも数百の警備が日本企業周辺を厳重に警戒した。

明らかに反日が反政府暴動へ転換することを怖れての措置である。
 
第三に尖閣の衝突そのものが仕組まれた謀略だと米国情報筋や外務省筋は見ている。

トロール船長や乗組員は釈放・帰国後は政府系メディアだけによる簡単な取材だけで一般との接触が禁止された。まして第二波の成都、鄭州、西安、綿陽の連続的「反日」暴動は単純に「反日」と見るのは危険である。民衆の不満のガス抜きが主目的、裏にあるのは上海派による権力闘争で、胡錦濤への強烈な嫌がらせだった。
第一波は「尖閣は中国領である」と開き直り「船長の即時無条件釈放」を要求しての反日デモだった。公安の指示通り参加者は動き、外国メディアだけが報道した。

ノーベル平和賞騒ぎから目をそらずための反日デモが第二波。党内左派と上海派は窮地を脱するためにもう一芝居を打ったためだ。毛沢東は言ったではないか。「国内矛盾を対外矛盾に転化せよ」と。

若者たちの政府への不満、党と中国のマスコミがノーベル賞を評価しない矛盾に気がつき、なにか憂さ晴らしをしたかった。ネット上に集合場所と行進順路まで掲げられ、いつもなら当局は瞬間的に削除するのに西安、成都、鄭州ではデモの呼びかけの書き込みを削除しなかった。

十月十六日の成都でイトーヨーカ堂と伊勢丹を襲ったデモ隊のプラカードに強く引っかかった。ひとつは「沖縄解放、琉球奪還」という、中華思想まるだしの侵略性が書かれたプラカードだ(収回琉球、解放沖縄)。これは新華社系『環球時報』が代弁した「沖縄独立支持」の論調と軌を一にしている。衣の下に鎧がみえた。同紙は「沖縄独立運動を日本政府が抑圧している。沖縄人民は独立を志向している」と主張している。将来の布石を打っているのだ。

もうひとつは「日貨不買、中国製品を買おう」という横断幕の周りに「索尼、松下、豊田」と明らかに日本企業を名指ししたプラカードがあったことだ(「索尼」はソニー)。中国経済の発展にもっとも寄与した日本企業が今度は襲撃目標に転化している。そして、これらの看板を掲げていただけの理由で中国人経営の代理店などが襲われた。

まさに政治への不満とノーベル賞騒ぎのガス抜きである。民主化、自由、人権、法治を求める中国の若者の不満の発散場所を人口的につくる必要があった。

第四は日中関係を友好から対立へと尖閣カードに反日デモを重ねて胡・温執行部を突き上げようとする上海派の陰謀の影が濃い。デモ隊の横断幕、プラカードをみれば、「統一された用語」しか並んでいないことに留意されたい。公安が用意したものだ。

第五は世界のマスコミに対して問題のすり替えをおこなう。人民元不正操作で怒り心頭のアメリカ、ノーベル賞でいみじくも浮き彫りになった人権問題で西欧の対中不信が増大しており、ここで中国としては使い勝手のある反日カードをもう一度用いて危機を乗り切ろうとしたわけだ。

ノーベル平和賞を犯罪者に与えたことはノーベル賞を冒涜するといっても説得力がなかったが、日本が悪いといえば、中国人の劣根性を引き出せる。義和団の乱のようにナショナリズムを権力側が利用するのだ。

第六は同時に起きた炭鉱事故の悲惨(いつもおきているのに何故今回だけかといえば、チリの奇跡的炭坑夫33人の生還に比較し中国の炭坑事故は毎年数千の犠牲)に象徴されるような国内の悪政を狡猾にすり替え、ともかくいつものように都合の悪いことに蓋をするために日本を梃子に利用する。

嘗て米国ジャーナリズムが書いていた。「中国人にとって反日は娯楽だ」

ポール・クルーグマン(ノーベル経済学者)が中国の対日レアアース禁輸措置に関してヘラルドトリビューン(10月19日付け)に寄稿し、これはWTO違反であり、世界が合意したルールを守らず人民元を不正にやすく操作する中国は「ならず者経済大国」だときめつけた。

人気作家の韓寒が冷ややかに言った。「反日はマスゲームだ」と(そして当局はこの書き込みを瞬時に削除した)。韓寒は中国の若手人気作家でカリスマ的存在。若者の心理の先端、現代中国の風俗を描き、『TIME』は世界を動かす百人のひとりに彼を撰んだことがある。

第七は重要ななにかを隠す目的が秘められていた。というのも十月17日に反日デモが四川省の綿陽に飛び火した。

警備の車両がひっくり返され、通行中の日本車が襲撃され、ソニー、パナソニックの看板がある商店、日本料理店等が襲われた。明らかに「反日」に名を借りた反政府暴動である。綿陽は08年五月の四川省大地震のおり、もっとも被害が大きかった地域のひとつ。土砂崩れで河の流れが変わり、突然湖が近くに出現、決壊を防止するため軍が派遣された場所にも近い。

なによりも綿陽は(二十三日にデモがおきた隣町の徳陽も)核物理学センター。付近には核兵器、ミサイル開発の秘密施設が建ち並び、軍事技術の派生からエンジニアが確保しやすく近年では電子部品などの工場進出も目立った。被災後の復旧が遅れ、貧困にあえぐ地域住民の不満は爆発寸前、なんでも良いから暴れるきっかけが欲しかった。油がまかれたところに火が投げ込まれたのだ。

こうみてくる習近平政権が誕生しても、「反日色」も強まることになる懼れが高い。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997847
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE