<< 来年は「兎の年」、跳ねるしかない   岩見隆夫 | main | マスコミへの諦観 渡部亮次郎 >>
「孔子平和賞って何?」  宮崎正弘
ノーベル平和賞直前のチャイナ・ジョークの凄み。孔子平和賞に「両岸の窓を開いた功績」と台湾の連戦元副主席に。

台湾の連戦オフィスも狐につままれた。「孔子平和賞って何? え。なんで連戦が受賞?え、明日(本日九日のこと)授賞式? まったく聞いていません」。

誰も知らない「孔子平和賞」。誰か設定したかさえ不明である。

孔子平和賞なる新平和賞を設置すると報道したのは『環球時報』(人民日報系)で11月15日のことだった。爾来、なんの続報もなかった。選考委員会ができたらしいこと、責任者が譚長流という人物らしいこと。中国文化省の外郭団体らしいこと。ほかに一切の報道はなかった。

「中国文化省の担当者も、そんな委員会聞いたことないです」とAP通信のインタビューに回答した。

8日、突如、孔子平和賞選考委員会なる団体が発表を行い、「第一回孔子平和賞は台湾の元副主席の連戦(国民党名誉主席)に与えられる。授賞式は9日(スェーデンの本物の式典前日)、「中国のどこかで行われ、賞金は十万元(130万円)」(多維新聞網、9日付け)。

しかもご丁寧に「候補」となったのはネルソン・マンデラ、ビル・ゲーツ、パンチェン・ラマ、モホメド・アッバスPLA議長、ジミー・カーター元米大統領ら大変な著名人の名前が並んでいた。

勝手に名前を連ねて権威付けを狙ったという思惑が透けて見える。

本物のノーベル平和賞式典へは北京の政治工作によりロシア、パキスタン、イラク、アフガニスタンなど十九カ国がボイコットする。

思い出したことがある。ソ連は1925年―91年「レーニン平和賞」なるへんてこな賞があった。この賞は1940-54年にかけて「スターリン国家賞」といわれた。スターリン批判以後、昔の名前に戻り、日本からも左翼活動家だった大山郁夫、総評の大田薫らが受賞した。世界的に何の権威もなく、多くの国民からは違和感があった。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 13:27 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997840
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE