<< 尖閣衝突以後、在日中国語メディアは多少、論調が変化したか? 宮崎正弘 | main | 仙谷氏が産経新聞に果たし状 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国、正男氏のインタビューを事前に黙認か  古沢襄
テレビ朝日が9日に行った北朝鮮の金正日総書記の長男・金正男氏とのインタビューをめぐって様々な臆測や分析が生まれている。

共通しているのは金正男氏が日本メディアに対して「世襲」「北韓」などの禁句?にあえて触れたのは、中国の身辺保障なしには困難だったとの判断である。今後も中国は金正男氏の身辺警護に十分な態勢を組むと思われる。

金正男発言については、二つの異なった見方がある。(朝鮮日報)

一つは「正男氏が、自分が後継者になれば北朝鮮を開放的な国家にする、というメッセージを中国に送ったもの」という見方。テレビ朝日の分析である。

もう一つは「中国が正男氏の口を通じ、遠回しに北朝鮮にメッセージを送ったようだ」という正反対の見方。北京の外交筋の見方である。この見方に立てば、中国はかなり金正男氏に肩入れし、利用していることになるが、果たしてそうだろうか。

テレビ朝日の見方に立てば金正男氏の自作自演。この人はノンビリとした風来坊のような風情があるが、かなり強かな人物なのかもしれない。今後も北京とアモイを往復する金正男氏の動きは注目してかかる必要がありそうである。

<北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男・正男(ジョンナム)氏が9日に行ったテレビ朝日とのインタビューで、「三代世襲に反対する」と発言したことをめぐり、このインタビューが事前に調整されたものとの分析が聞かれる。外交消息筋は13日、「インタビュー画面と正男氏の発言を詳しく分析すると、インタビューに応じるという条件で、正男氏の身辺の安全とメッセージに対し配慮するよう、事前の打ち合わせがあったように感じられる」と語った。インタビューが実現する過程で、中国側の黙認があったとの見方も出ている。

テレビ朝日は、インタビューの場所を中国・北京と画面上に表示したが、正男氏の身辺の安全に配慮して背景はすべてぼかされ、場所が特定できないようにしていた。

また、正男氏に北京市内で偶然出会ってインタビューした形で報じられていたが、放送内容を見ると、事前に打ち合わせられた様子がうかがえる。日本の記者が韓国語で「金正男さんではありませんか」と声を掛けると、正男氏は慌てることなく「はい」と答え、インタビューが始まる。間に「これはオフレコ」という正男氏の小さな声も聞こえる。また、正男氏は北朝鮮では禁句とされる「三代世襲」や「北韓(北朝鮮)」などの言葉も堂々と口にした。外交消息筋は、「中国が身辺保障の約束をしていなければ、海外にいる正男氏がそのような言葉を使うのは困難だ」と語った。

正男氏がインタビューで語った内容も、中国の立場と一致するものだ。中国は、北朝鮮に使節団を派遣して三代世襲を祝福したものの、内部的には「世襲には不満だが、北朝鮮の内政には干渉しない」との立場だ。正男氏も、「世襲には反対だが、(世襲に)内部的な要因があるのなら、それに従わなければならない」と話し、中国と同じ立場を示した。

テレビ朝日は、「正男氏が、自分が後継者になれば北朝鮮を開放的な国家にする、というメッセージを中国に送ったもの」と分析したが、外交消息筋は、「中国が正男氏の口を通じ、遠回しに北朝鮮にメッセージを送ったようだ」と正反対の見方を示した。(朝鮮日報)>

杜父魚文庫
| - | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:48 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997461
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE