<< NHK記者の犯罪 古森義久 | main | 民族力の低下 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







米政府高官が金正恩後継を認める  古沢襄
ゲーツ米国防長官は8日、北朝鮮の金正日総書記の金正恩(キム・ジョンウン)氏が後継者に選ばれたと判断していると明らかにした。米CNNが伝えている。

キム・ジョンウン後継については、訪朝、訪中したカーター米元大統領が否定的な見解を述べていたので、見方が分かれていたが、米政府高官が初めてキム・ジョンウン後継を認めたことになる。ただゲーツ米国防長官は、この権力移譲を裏付ける正式な情報は得ていないとも付け加えている。

<ワシントン(CNN) ゲーツ米国防長官は8日、健康不安が指摘される北朝鮮の金正日総書記の後継者問題に触れ、先月下旬に開かれた朝鮮労働党代表者会などで党中央委員と党中央軍事委員会副委員長に就任した総書記の三男、金正恩(キム・ジョンウン)氏が選ばれたと判断していることを明らかにした。

韓国の金泰栄(キム・テヨン)国防相と会談した後の記者会見で述べた。米政府高官が金正恩氏を後継者とする発言を示したのはこれが初めてとみられる。

金総書記は金正恩氏に大将の軍事称号も与えている。北朝鮮当局が金正恩氏の名前に触れたのは大将就任の発表が初めてだった。同氏の年齢は27歳もしくは28歳とされている。

ゲーツ長官は、北朝鮮情勢を長期的に観察し、朝鮮労働党代表者会などでの人事を見た場合、金正恩氏への権力移行が進んでいる形跡があると指摘。ただ、この権力移譲を裏付ける正式な情報は得ていないとも付け加えた。

金総書記は2008年夏に脳卒中を起こしたとされ、後継者問題が現実味を帯びていた。金正恩氏説は昨年初めから浮上していた。

北朝鮮問題の研究者の間では、金正恩氏が後継者になった場合、苦境にある経済再建に注力するとの見方があったが、大将への任命は金正日総書記と同様、軍事中心の「先軍政治」を進めることを意味するとも受け止められている。(CNN)>

杜父魚文庫
| - | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:40 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997434
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE