<< 在米華字紙、一斉に日本のナショナリズム勃興に警戒感 宮崎正弘 | main | 中国監視船、尖閣沖を離れる 仏AFP 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







中国海軍と中国民間漁船との見えない共同作戦の背後を探る 宮崎正弘
漁船をよそおって海軍の作戦を代行している面妖な中国漁船の暗躍。尖閣諸島近海で不法に漁を続ける中国漁船と中国海軍との暗黙の密計がある。福建省からの漁民はカツオを狙うだけではないようだ。

中国人民解放軍の「海軍の代理作戦として、先頃の漁船が日本の海保巡視艇と衝突し、その「限度」を試していた疑いはまだ晴れない、」NYタイムズが書いている。

NYタイムズの国際版「ヘラルドトリビューン」(2010年10月6日付け)によると、尖閣で「活躍」する漁船のなかに、明らかに海軍の偽装船が含まれており、また漁船への指示を、この海軍代理船がなしている形跡は確認されないものの、ときに共同作戦をとっている。

逮捕した船長が軍人であるか、どうかの確認は取れないが、故郷の福建省へ凱旋した船長が「また釣魚台へ漁に行く」と勝ち誇ったように言う台詞は軍の意向を代弁したものであり、ほかの十四名の乗組員とて海軍となんらかの形でコネがあるのではないか。そうでなければ、メディアの前に出てこないのはおかしいと同紙は指摘する。
 
中国は七月に「国防動員法」を成立させたが、漁船が戦争段階では軍に組み入れられることは明らかであり、「これは人民戦争」の一環と米国在北京大使館の専門家は指摘しているという(デニス・ブラスコ前北京駐在武官)。

さて先の漁船の乗組員十四名と船長だが、福建省普濾港に飛んだNYタイムズ記者は現地の漁民から次の証言を得てきた。 」

「船長は三年前まで、当局から釣魚台(尖閣諸島)付近へは漁に行かないよう釘を刺されていた。ところで、この三年で状況は変化し、豊漁期には相当数があの海域まで行くようになった」。

日本を挑発し、敢えて逮捕までさせたのは将来の人民戦争にそなえて漁船と海軍ならびに海軍代理船の共同作戦の軍事演習であると軍事情報筋は分析している。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  @@@@@@@@@@@@@  読者の声  @@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ♪

(読者の声)「日本にナショナリズム復活」と報じていますね。米国の共和党は歓迎している。USの国益を考えればそうなります。しかし、中国の労働市場と環境規制がないことは、日米欧の多国籍企業には美味しいのです。

ところが米国議会は、“人民元を切り上げろ”ですから、そのうちにシナ料理は美味しくなくなる。北京は国内の労働条件不満の爆発が恐い。尖閣などの小競り合いは国民を欺く「陽動作戦」だと考えますね。

一方、日本の保守は、ナショナリズムの昂揚をどう導くのかが課題となる。やはり集団自衛権〜憲法改正〜軍事力増加へと導くことを念頭に置かなければいけない。単なる感情爆発のデモで終わるなら、もとの木阿弥に戻る。(伊勢ルイジアナ)

(宮崎正弘のコメント)最近の保守系のデモは既存の民族派、保守派、ナショナリストらの枠をこえて、若い女性が大量に参加する、あたらしい装いが自然発生的にでてきています。

杜父魚文庫
| 宮崎正弘 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 12:49 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997412
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE