<< 袋小路に迷い込んだ日中緊張関係 古沢襄 | main | 日本にとってのアメリカとはなにか(完) 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







菅内閣は即刻退陣を 渡部亮次郎
ねじれ国会に耐えられず、菅内閣は来年度予算の成立する3月で退場といわれているが、尖閣事件に見るとおりそれまでにもわが国の国益が日々失われて行く。耐えられないのはこっちだ。一日も早い退陣を望む。

元々、菅直人は政治家ではなく市民運動家である。強大な権力に対する「野次馬」が本質。権力を野次ったり批判するのが仕事であるから独自の戦略も戦術も持ち合わせてはいない。

本人は「リアリスト(現実主義)」と言うが本質は「オポチュニスト(ご都合主義者)」に過ぎない。景気が回復しないのに「雇用優先」などというわけの分からんことが言えて平気なのもそのためである。

要するに他人を批判したり、権力を鋭く追及するのは得意だが、自らは創造的な政策は何一つ持っていないのである。政治知識も持ち合わせていない。その点は宇宙人鳩山と全く変わりがない。

先日、財務省関係者に聴いたが、財務大臣野田佳彦は円安問題をいくらレクチュアしても理解できない、サラリーマンも経営者も経験していない。早稲田大学、松下政経塾、千葉県議、衆院議員5期という経歴。円高って何だ。財務省、日銀の仕事で、政治の仕事では無いとの理解。

閣僚の悉くがこの体たらく。景気回復が内閣最大の仕事と弁えていない首相菅。景気回復が無いのに「一にも雇用。ニにも雇用。三にも雇用」を連発。非論理的な論理を叫んで、自らが空っぽであることを天下に晒している。「オポチュニスト(ご都合主義者)」の本質だ。

各国の在京大使館はこの「空っぽ」ぶりを逐一本国政府に打電している。だから国連総会で菅が演壇に登壇した途端、出席者の4分の3が退席したというのもむべなるかななのだ。民主党政権によってわが国は最早、世界の笑いものに墜ちた。

党首選勝利でV状態で回復した支持率。今回の尖閣事件で絶望的に低落したはずである。しかも中国は戦略的に菅内閣を攻撃してくる。これに対し同盟国アメリカは中国重視の姿勢をとるはずである。

加えて尖閣列島帰属問題に絡む体当たり中国漁船船長の釈放問題。これで馬鹿な世論も支持率を下げるだろうし、駄目な自民党も臨時国会では少しは責任追及に張り切るだろう。

景気回復目的の補正予算の成立に、参院で野党との妥協には相当苦労するだろう。果たして「原理主義者」の岡田幹事長がどの程度の手腕を見せるか。

「菅内閣の命は来年度予算の成立を賭けた来年3月まで」と常識的に語られているが、国際情勢の激変と小沢ら党内反主流派の動きようによってはもっと早くなる可能性を秘めている。(文中敬称略)

杜父魚文庫
| - | 05:57 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:57 | - | - | pookmark |







コメント
実際に、北朝鮮の拉致問題、これだって国を守れないし、中国漁船の領海侵犯、偽物が間借り通るなど何も出来ない政権だし腰抜け民主党ではこの国が滅ぶ事になるね。それと雇用問題や全て中途半端な政権にこれ以上任せておけないぜ!!給料取りの政治家じゃなくて真のこの国を立ち直らせる人、人材をそれとこんな駄目政権打倒して日本を守れ、国民を守れ。早急に解散総選挙だ!!
| 仏滅 | 2010/12/23 8:18 AM |
女性にも言わせてください。
昨年来民主党は小沢一郎一派の大量訪中、天皇陛下に対する中国人面談強要の失礼、外国人地方参政権付与、夫婦別姓、朝鮮学校授業料負担、朝鮮併合100年菅談話等、この政権は一体どこの国の政党なのかしらと思ってきましたが、今度の「尖閣問題での対中降伏」ではっきりしました。菅=民主党政権の目指すところは日本国を中国・朝鮮に差し上げることだったのですね。民主党の皆さん断言しておきます。日本の女性には可愛い、可愛い息子や娘を中国人の奴隷として差し出す人など一人もいません。私は本当に思います。もしそんなことになれば私はあなたたち民主党員や中国人に刃を向けます。命など要りません。
| すみこ | 2010/09/27 1:27 PM |
今回の事件によって、腰抜け民主党政権では、日本の領土と安全を守ることが出来ないということに、多くの国民は気づいたことであろう。

しかし、国家の安全保障問題の真の解決には、国民の強い覚悟が必要である。自分の国は自分達で守るという強い決意が必要である。
集団的自衛権の行使にまで踏み込んだ日米安全保障政策の再強化、さらには防衛費の大幅増額、非核三原則の廃止、そして、最終的には、憲法9条の改定まで視野に入れるべきであろう。
そして、それが出来なければ、今後も中国の不当な要求と干渉が続くことを覚悟すべきである。

この問題は、政治家だけでなく、日本国民の覚悟をも問うているのである。
| 通りすがり | 2010/09/27 12:44 PM |
日本国3000年の歴史で「戦わずして降伏」したのは菅直人民主党政権が最初である。今殆どの日本人は屈辱感と菅政権・中国に対する怒りに苛まれている。
しかしよく考えて欲しい。この事態は一年前の衆議院選挙で民主党に一票を投じ、政権を付託した際に予想されていたのではないか? 衆愚のもたらす結果とはこのように残酷なものである。この恥辱を雪ぐために日本人は即時民主党政権を打倒し、尖閣領土・海域への自衛隊三軍の派遣を行い、中国の侵略から日本国を守るべきである。戦争を恐れてはならない。日本人の覚醒を求める。
| yosi | 2010/09/27 10:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/997339
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE