<< 民主党政権は戦争を招いている 西村眞悟 | main | アメリカ議会は菅政権に不信 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







小沢氏の議員辞職勧告か離党勧告を求める 古沢襄
民主党静岡県連会長の牧野聖修衆院議員は参院選総括のための会合で「選挙責任者だった小沢一郎前幹事長の責任は重い。万死に値する罪だ」と前置きして「(小沢氏は)政治とカネの問題もあり、執行部は即刻、議員辞職勧告か離党勧告をすべきだ」と述べたという。

牧野氏は普天間移設をめぐって徳之島移設を鳩山前首相に働きかけた人物。これにし対して民主党鹿児島県連は反発し、徳之島移設に猛反対した。

参院選の敗因は鳩山・小沢両氏の政治とカネの問題が下地にある。普天間移設でブレた鳩山氏に対する批判もあった。菅首相の不用意な消費税増税の発言も無党派層の民主党支持離れを招いた。牧野氏は静岡選挙区などの2人区の多くに2人の候補を擁立した小沢前幹事長の方針が1人区での大敗を招いたと主張した。

参院選敗北の責任はいくつかの複合要因がある。小沢氏の責任だけに帰するのは片手落ちではないか。2人区の多くに2人の候補を擁立した選挙戦術が誤っていたのなら、それを変えようとしなかった枝野幹事長ら執行部にも責任がある。

小沢氏を擁護するつもりはないが、片手落ちの議論がまかり通るところに、民主党内の権力闘争が激しさを増している現状を映し出している。当然のことながら、牧野氏に対する小沢グループの反発が強くなった。党内を二分する敗戦責任のなすり合いでは、民主党の支持率のさらなる低下を招くのではないか。
   
杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 03:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 03:37 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996933
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE