<< 勝海舟を訪ねるーー坂本龍馬 MoMotarou | main | 政治家の責務が分からんのか 西村眞悟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







米軍トマホーク・ミサイルが中国を狙う 古森義久
中国海軍の増強が国際的な懸念を招いています。中国への脅威がないのに、中国はなぜ軍事力を大増強するのか。しかし米軍も中国軍の増強を座視しているわけではありません。 以下のようなニュースを紹介します。

                    ======

米海軍の巡航ミサイル潜水艦が中国包囲網〔ワシントン=古森義久〕米国海軍の巡航ミサイル搭載の新鋭原子力潜水艦3隻がアジアからインド洋にかけて初めて同時に出現し、中国を抑止する構えをとったことが12日までに明らかにされた。

最近、増強の顕著な中国海軍への警告の意味もこめられているという。米国大手週刊誌タイム最新号の報道によると、米海軍の潜水艦では最大のオハイオ級改良型「USSオハイオ」が6月28日にフィリピンのスビック湾に浮上した。

同型の「USSミシガン」も同日に韓国の釜山に寄港した。さらに「USSフロリダ」も同28日にインド洋ディエゴガルシアの米英合同海軍基地に浮上した。

オハイオ級改良型潜水艦は米海軍の最大最強の戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)の核弾頭ミサイル発射の機能を非核の通常弾頭の巡航ミサイルのトマホーク搭載に改装した新型で米海軍は現在4隻を配備している。巡航ミサイル潜水艦(SSGN)と称される同型は1隻にトマホーク発射筒22基を装備し、一基あたり7発、1隻最大154発のトマホーク巡航ミサイルを搭載できる。

同ミサイルは射程約1800繊地上、水上両方の標的を攻撃できる。タイムの報道によると、米海軍は欧州方面での緊張緩和に伴い、オハイオ級改良型潜水艦などの戦力配備の比重をアジアに移し、とくに中国海軍のアジア太平洋からインド洋での増強に注視しており、3隻のSSGNを同時に中国に近い海域に浮上させることは前例がないという。

同報道はこの巡航ミサイル搭載潜水艦の動きを「中国周辺での米軍ミサイル配備が(中国への)メッセージ発信」と評し、ワシントンの戦略国際研究センター(CSIS)中国専門家のボニー・グレーサー研究員の「米軍は太平洋の部隊を増強する決定を下しており、その動きを中国がまず注意することは疑いがない」というコメントを紹介して、巡航ミサイル潜水艦3隻の同時登場が中国への抑止効果を狙ったことを伝えている。

中国側では在米中国大使館報道官が「この米軍の動きは地域の平和、安定のためであり、それに反する目的ではないことを望む」と論評したという。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 古森義久 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996920
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE