<< 北高官の金鎰チョル氏「全職務解任」 古沢襄 | main | 地方組織に広がる民主党離党の動き 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







民主県連選対委員長が離党、みんなの党から出馬 古沢襄
支持率低下に悩む民主党を離党して、人気上昇中のみんなの党から参院選に鞍替え出馬する者が現れた。しかも民主党県連の選対委員長だというから、騒ぎは一気に広がった。

みんなの党は、参院選の宮城選挙区(改選数2)に、民主党県連の選対委員長の菊地文博県議(50)を公認候補として擁立する方針を決めた。菊地県議は近く正式に出馬表明する。

<みんなの党は14日、夏の参院選宮城選挙区(改選数2)に、民主党県連の選対委員長の菊地文博県議(50)を公認候補として擁立する方針を決めた。菊地県議は近く正式に出馬表明する見通し。支持率低下にあえぐ民主党にとっては県連幹部が他党から出馬する異例の事態となり、大きな痛手となりそうだ。

みんなの党の渡辺喜美代表は14日、仙台市内で菊地県議の後援会の会合に出席。報道陣に「地域主権や生活重視を掲げる党の政策と県議の考えが重なった」と理由を語った。さらに「自民党に愛想を尽かし、民主党も嫌になった人に支持を訴えれば勝てる」と強調した。

菊地県議は読売新聞の取材に対し、「一晩真剣に考えたい」と述べるにとどまった。ただ、関係者によると、出馬する公算が大きい。

同県連は参院選に現職と新人1人ずつを擁立するが、選対委員長が離党すれば組織体制が揺らぐことになりそうだ。郡和子県連幹事長は「事実とすれば強い不快感を覚える。早急に組織を立て直すしかない」と語った。

自民党県連の小野寺五典会長は「(選対委員長が党を移るのは)普通であれば理解できない」と述べた。(読売)

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 05:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:38 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996578
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE