<< 我レ敵空母ニ突入ス、17・21 西村眞悟 | main | テレビは政治の真髄に迫れない 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







朝日はノドン発射の動き、韓国は否定 古沢襄
北朝鮮のノドン・ミサイルは射程が約1300キロだから日本の都市はすべて攻撃対象に入る。1993年8月11日に韓国に亡命した北朝鮮軍の林永宣(イムヨンソン)中尉は「火星(ファソン)1号は完成し、日本への攻撃も可能な飛距離を持っている」と供述している。

亡命の二ヶ月前の5月29日、火星1号の発射実験が日本海の能登半島沖で行われた。北朝鮮は事前に米国と韓国に通知をしてきている。発射地点は咸鏡北道蘆洞(ノドン)の発射場だったことから、日本ではノドン・ミサイルと呼ぶようになる。

発射実験は失敗であった。三発のうち二発は100キロ飛んだだけ、他の一発は550キロ飛んで、能登半島沖350キロの海面に落下した。550キロでは日本に対する脅威にはならない。

その後、北朝鮮はノドン・ミサイルの発射実験を繰り返している。飛距離は1000キロから1300キロに延びたといわれ、沖縄に脅威を与える1500キロ級も開発しているという。

ノドン・ミサイルの保有数は150基から320基といわれているが、中国が東北地方(旧満州国)に配備している日本を射程に収める「DF21中距離弾道弾」の24基に較べて、圧倒的に日本攻撃用のミサイル基数が多い。この理由は

…鮮半島で南北の軍事衝突が発生した場合に、韓国を救援する在日米軍基地、とそれを支援する自衛隊基地に対する攻撃。

国内不安を煽るために、一般市民を目標とした市街地の攻撃・・・を北朝鮮が想定しているからだろう。

朝日新聞がソウルの軍事情報で北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ノドン」を発射する動きがあると報じた。韓国政府はたたちに「(ノドンの)具体的な情報がない」として否定するなど慌ただしい動きがみられた。実際に発射実験をするかは分からない。

しかし韓国の哨戒艦「天安」沈没事件が、北朝鮮の潜水艇から発射された魚雷による‘北朝鮮攻撃説’が明らかになれば、朝鮮半島情勢は一気に緊迫化する。それを見越して北朝鮮軍部が、ノドン・ミサイルの精度をあげる発射実験の準備に入ったとみることも出来る。

日本はノドンだと緊張するが、韓国は射程300キロのスカッド・ミサイルの方が脅威である。飛距離は1000キロから1300キロのノドン・ミサイルは、韓国の遙か上空を飛び越えていく。日本ほどノドンには神経質ならないのかもしれない。

<【ソウル=牧野愛博】北朝鮮が近く、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロ)を発射する動きがあることが29日、分かった。軍事関係筋が明らかにした。米韓両国などは人工衛星で発射の兆候がある地点を把握しており、日本海に向けて発射する動きを見せているという。

ノドンは準備が簡単な固体燃料を使っているほか、移動式の発射台を用いるため実際に発射するかどうかを事前に把握することは極めて難しいが、各種の情報を総合すると5月中にも発射する可能性が高いという。

北朝鮮は昨年7月にノドンを発射した際、同時に短距離弾道ミサイル「スカッドC」(射程約500キロ)も発射した。今回、スカッドだけにとどまる可能性もある。

北朝鮮は3月、核問題をめぐる6者協議の予備会合を支持する考えを米国に表明したが、3月末に起きた韓国哨戒艦の沈没で北朝鮮の関与を疑う声が噴出し、米国も原因調査が終わるまで米朝協議自粛を決めた。北朝鮮がミサイル発射に踏み切れば、朝鮮半島情勢がさらに緊張する恐れがある。(朝日)

<北朝鮮が5月に中距離弾道ミサイルの「ノドン」(射程1300キロ)を発射するために準備を進めていると、日本の朝日新聞が30日付で報じた。

同紙は、韓国の軍事筋の話として、「韓国と米国の両国が人口衛星で北朝鮮がミサイル発射の動きを見せている地点を把握している」として、ミサイルは東海(トンヘ)を狙っていると伝えた。

ノドンミサイルは、準備が簡単な固定燃料を使っており、移動式の発射台を用いているため、実際に発射するかどうかや、その時期を事前に把握するのは大変困難だが、各種情報を総合すると5月には発射する可能性があるという。

また同紙は、北朝鮮が昨年7月にノドンミサイルを発射しながら、短距離ミサイルである「スカッドC」(射程約500キロ)も同時に発射したが、今回はスカッドだけに止まる可能性もあるも書いた。

しかし、韓国政府は同日、朝日新聞の報道について、「具体的な情報がない」として情報を否定する態度を示した。韓国政府当局者は、「北朝鮮のミサイル活動に関連して、周辺の関連国と情報を共有しているが、北朝鮮のミサイル発射の兆候に関する情報はない」とし、「中国が上海万博のような大型イベントを開催している時期に、北朝鮮が緊張を造成する可能性は低いとみられる」と説明した。

この当局者は、また「日本もメディアに報道されたノドンミサイルは固体ではなく液体燃料を注入するミサイルであることなどを考え合わせると、情報が正確なものとは思えない」と加えた。

一方で朝日新聞は、「北朝鮮が先月、核問題をめぐる6者協議の予備会談を支持する考えを米側に表明したが、天安(チョンアン)艦沈没事件で振り出しに戻った。北朝鮮が実際にミサイル発射に出る場合、韓半島情勢はさらに緊張が高まるだろう」と懸念を示した。(東亜日報)>

【ソウル=竹腰雅彦】北朝鮮が南東部の日本海側で、短距離弾道ミサイル発射の兆候とみられる動きを示していることが4月30日、わかった。

韓国政府筋が明らかにした。発射台を搭載した車両の動きが確認されたもので、ミサイルは「スカッドC」(射程500キロ)改良型とみられるという。ただ、この動きが、実際の発射につながるかは不明だ。

北朝鮮は昨年7月、南東部の江原道旗対嶺(キッテリョン)から、日本のほぼ全域を射程に入れた中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とスカッドなど計7発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射している。同筋によると、ノドン発射の兆候はないという。(読売)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:08 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996496
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE