<< 金正日北京訪問よりも体制維持 古沢襄 | main | 杭打ち方式なら自然に対する冒とくにならない? 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







普天間の県外移設も県内移設も困難か 古沢襄
米ワシントン・ポスト紙が「岡田外相とルース駐日米大使が23日に東京都内の在日米大使館で会談し、現行案をおおむね受け入れると伝えた」と報じたことは、県内移設に反対する沖縄県民大会が25日、同県読谷村で開かれるだけに、日本政府に与えた影響は大きい。

鳩山首相は群馬県大泉町のレストランで大泉町在住の外国人らと懇談していたが、米紙の報道を強く打ち消した。これに対し、岡田外相と北沢防衛相は、米紙報道はそろって否定したものの、現行案微修正を含めた辺野古移設には含みを残す違いを見せた。

しかし、この報道によって沖縄県内の移設は、ほぼ絶望的になった。県外移設も困難視され、県内移設も出来ないとなれば、普天間の移設は暗礁に乗り上げる。鳩山内閣にとって最悪の局面を迎えることになりかねない。政府案の決定も先延ばししてきたので、後手に回っている。

<鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案について「現行案が受け入れられるというような話はあってはならない」と述べ、明確に否定した。群馬県大泉町内で記者団に語った。

首相の発言は、同日付の米ワシントン・ポスト紙が「岡田克也外相とルース駐日米大使が23日に東京都内の在日米大使館で会談し、現行案をおおむね受け入れると伝えた」と報じたことを受けたもの。

首相は岡田氏がルース氏と会談したことは認めながらも、現行案に関しては「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒とくだ。あそこに立った人は皆、あの海が埋め立てられたらたまったもんじゃないと感じたと思う」と強調した。

◇外相と防衛相は微修正に含み

これに対し、岡田氏と北沢俊美防衛相は、米紙報道はそろって否定したものの、現行案微修正を含めた辺野古移設には含みを残す違いを見せた。

岡田氏は24日、長崎県佐世保市内で記者団に、「首相が言っておられるように(現行案おおむね受け入れを表明したとの)事実はない」と否定。ただ、現行案に対する自身の考えを問われると「ゼロベースで議論している。それ以上に申し上げることはない」と述べるにとどめ、ルース氏との会談内容も明らかにしなかった。

また北沢氏は同日、長野市内で記者団に「現行案へ戻るということはあり得ない」と述べた。一方で「どこまでが修正かということがあるから(岡田、ルース両氏の会談の)中身をしっかり聞かなければいけない」とも述べ、現行案の微修正に含みを持たせた。

政府は、鳩山首相が「県外移設」に強くこだわったことから、鹿児島県・徳之島への普天間移設を検討してきた。ただ全面移設は想定しておらず防衛省は普天間ヘリ部隊の大部分を徳之島に、一部をキャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市)に移転する案を軸に米側と水面下で折衝してきた。しかし、米側は沖縄と徳之島の間の距離が遠いことを理由に分散移転には難色を示している。首相と岡田、北沢両氏の発言の食い違いは、首相が昨年の衆院選で事実上公約した「県外移設」が現実の壁にぶつかり、行き詰まっている実情を浮き彫りにしたと言える。

普天間飛行場の国外・県外移設を求める沖縄県民大会の前日に降ってわいた「現行案受け入れ」報道。「県内移設反対」を訴える県民感情が強まるのは必至だ。岡田氏は「重要な大会を控えて、極めて遺憾だ」と語った。(毎日)>

<米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会が25日、同県読谷村で開かれる。仲井真弘多知事や、県内41市町村のうち、39市町村長も参加予定で、移設をめぐる県民大会としては、初めての超党派の大会となる。大会主催者は10万人の参加を目指している。

同飛行場の移設先を「最低でも県外」と表明して発足した鳩山政権は、今年に入り、キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)と鹿児島・徳之島に分散して移す検討を始めた。県民大会はこれに真っ向から反発、同飛行場の早期閉鎖・返還とともに、国外、県外への移設を求めて決議する。 

シュワブ沿岸部に移設する現行案を条件付きで容認していた仲井真知事は23日の記者会見で参加を正式表明。首相に対し、「(県外移設の)公約に沿ってしっかり頑張っていただきたい」と要求し、大会では県内の過重な基地負担を訴えるとみられ、政府が目指している5月末までの問題決着は、さらに厳しくなりそうだ。
 大会実行委員会は、会場に来られない県民に対し、大会統一カラーの黄色を身に着けるよう呼び掛けている。

那覇市のサッカーバー店長池間弘章さん(46)は23日から店先に手製の黄色い旗を掲げており、「イデオロギーではなく、基地がいるかいらないか、県内移設に『ノー』と言えるチャンスがあるなら声を上げて意思表示をしようと思った」と話す。また、同市のタクシー運転手の男性(52)も25日はフロントガラスの端に黄色の画用紙を掲げるといい、「県内移設反対という意向を訴えたい」とした。(時事)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996449
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE