<< 腹案は徳之島から岩国へ? 古沢襄 | main | 普天間の県外移設も県内移設も困難か 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







金正日北京訪問よりも体制維持 古沢襄
北朝鮮の金正日総書記の北京訪問が相変わらず観測される中で当の金正日は軍・党の幹部を連れて朝鮮人民軍第115部隊の軍事訓練を視察した。北京から共同通信が伝えた。

また李英鎬朝鮮人民軍総参謀長は米韓が少しでも領土を侵犯すれば「核抑止力を含むあらゆる手段を動員し、侵略の牙城を粉々に吹き飛ばす」と警告した。やはり北朝鮮は金正日北京訪問よりも体制維持のために軍事優先を考えている。

<【北京共同】北朝鮮の李英鎬朝鮮人民軍総参謀長は24日、軍創建78年(25日)を前に開催された記念集会で演説し、米韓が少しでも領土を侵犯すれば「核抑止力を含むあらゆる手段を動員し、侵略の牙城を粉々に吹き飛ばす」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

李総参謀長はまた、韓国の李明博政権を「祖国統一の敵」と批判したが、韓国哨戒艦の沈没には触れず、対日関係への言及もなかった。

金正日総書記の出席は伝えられなかったが、同通信は24日の別の報道で、金総書記が朝鮮人民軍第115部隊の軍事訓練を視察したと報じた。日付や場所は伝えなかったが、同通信は訓練が軍創建記念日に際し実施されたとしており、視察は23日か24日とみられる。

視察には金永春人民武力相、李総参謀長、朝鮮労働党の全秉浩、金己男の両書記、金総書記の実妹でもある金慶喜部長と夫の張成沢部長らが同行した。(共同)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996448
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE