<< スパイからの領収書 渡部亮次郎 | main | 参院選比例代表の投票先で民主党と自民党が拮抗した 古沢襄 >>
小沢一郎氏がアメリカからの招待状を必死で求める 古森義久
民主党の小沢一郎幹事長のアメリカ訪問案というのが日本の政界を徘徊しています。当初は2月はじめにオバマ政権のカート・キャンベル国務次官補が来日して、小沢氏と会ったさい、ワシントン訪問を提案したことから始まった話です。

この際はキャンベル氏は小沢氏にオバマ大統領に会わせるようなことを示唆したとか、しなかったとか。実態は不明なところも多いですが、小沢氏がオバマ大統領から招かれ、オバマ大統領と会うために、訪米するという意欲を燃やし始めたことは確かでしょう。

ところがアメリカ側はその後、小沢氏の受け入れに関して、ぐっと慎重になりました。不正なカネの疑惑がつきまとう小沢氏をホワイトハウスに招きいれるというのは、米側には損はあっても、なんの得もない行為です。

では小沢訪米計画というのは、いまいったいどうなっているのか。

【ワシントン=古森義久】民主党の小沢一郎幹事長の訪米計画はオバマ政権の手を離れ、上院民主党の有力議員、ジム・ウェブ氏に委ねられたことが6日までに判明した。

ウェブ議員が主体となり小沢氏への招待状を出すことを検討しているが、この動きはオバマ大統領の小沢氏訪米の直接の当事者になることへの難色の表れだと解釈される。

小沢氏の訪米は当初、オバマ政権からの正式な招待によると観測されていたが、政権がらみではまだなにも決まってはいないことは、5日の藤崎一郎駐米大使の「小沢幹事長の訪米はいつ、どういう日程になるかなど、申し上げるものはなにもない」という言明でも裏づけられた形だ。

訪米計画は2月初めに小沢氏と東京で会談したキャンベル国務次官補が招請の意を伝えたとされたことから浮上した。

だが、日米関係筋によると、その後、ルース駐日米国大使は、オバマ大統領や国務省が直接この計画にかかわることを避けて、2月15日に来日した議会上院外交委員会東アジア・太平洋小委員長のジム・ウェブ議員に、「議会からの招待状」を出すことを要請した。ウェブ議員には山岡賢次民主党国対委員長も会い、小沢氏訪米への協力を求めたという。

日米関係筋によると、ウェブ議員は確答を避け、16日には沖縄に向かったが、小沢氏側からはさらにウェブ議員への接触や要請が電話などでなされた。

小沢氏側は書面での招待状を求めており、ウェブ議員は単独あるいは他の議員との連名で招待状を出すことを検討しているという。

ウェブ議員は共和党レーガン政権で海軍長官を務め、後に民主党に転じた。ベトナム戦争にもかかわり上院民主党でも有数のアジア通として知られ、オバマ大統領にも近いとされる。

                  =======

【ワシントン=佐々木類】民主党の小沢一郎幹事長が民主党議員団の訪米を計画していることについて、米国側がホワイトハウスや国務省でなく「議会の招待」という形で調整を進めていることが分かった。オバマ大統領との正式会談を想定していないことを意味しており、小沢氏の訪米計画に影響を与える可能性もある。

                   ◇

米政府でなく、議会の招待という形で調整に入ったことの表向きの理由は小沢氏は政権与党である民主党幹部ではあるが、政府の閣僚ではないことだ。

しかし、2月初めの訪日で小沢氏と会談したキャンベル国務次官補は「小沢氏の予定が許せば、われわれは敬意を持って迎える」とオバマ大統領との会談実現に含みを持たせていた。

小沢氏も同月8日の民主党役員会で、「中国に行ったとき、胡錦濤国家主席にお出迎えいただいた。オバマ大統領もちゃんとやってくれるだろう」と期待感を示していた。

一方、米政府内では「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏を警戒する声が上がり始め、オバマ大統領との会談に消極的な意見が支配的になっている。

日米関係筋は「米政府の招待だと小沢氏とオバマ大統領の会談を避けられなくなってしまう」と語り、「金丸事件」の記憶も米国側が二の足を踏む理由になっていると指摘する。

自民党副総裁だった金丸信氏は1992(平成4)年6月4日、ホワイトハウスを訪れ先代のブッシュ大統領と50分間会談し、大統領から北方領土問題で支持を取り付けた。

しかし、帰国からわずか3カ月後の9月、金丸氏は東京佐川急便からの5億円の献金をめぐって政治資金規正法違反で略式起訴され、翌年3月には所得税法違反で逮捕された。

米大統領が政府の閣僚でない政治家と会談するのは極めて異例だが、当時日本では国連平和維持活動(PKO)協力法案をめぐって国会が紛糾しており、金丸氏に破格の対応をみせることで、法案成立に向け日本政府と与党を後押しするねらいがあったようだ。

にもかかわらず、金丸氏が逮捕されたことで「ブッシュ氏に傷が付いたことを米政府はよく知っているどころか、今でもトラウマ(心的外傷)になっている」(日米関係筋)といい、「同行した小沢氏が金丸氏に近い存在だったことや、政治とカネをめぐる疑惑の渦中にまだいることに米国側は警戒感を持っている」(別の関係筋)という。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 古森義久 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:02 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996139
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE