<< 追い風に乗れない自民党 古沢襄 | main | 鳩山政権は無国籍で個々バラバラな社会を目指すのか 阿比留瑠比 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求 新党結成も視野 古沢襄
七月の参院選が近づくにつれて、自民党内から谷垣総裁の退陣を求める動きが顕在化している。谷垣氏が辞任しない場合は、新党結成も視野に行動すると与謝野馨・元財務相は明らかにしている。桝添要一氏に次ぐ自民党有力者の動きである。

この流れは自民党内の権力闘争とだけの面で見るのは視野が狭いのではないか。「政治とカネ」で民主党に逆風が止まらない中で、参院選で民主党が単独過半数を獲得するのは誰の目からみても難しい。だが民主党は衆院で圧倒的な多数を保持している。

参院選後の政治地図は民主・国民新・社民三党の連立構造が変化する可能性がある。それをしなければ、自民党政権時代の衆参ねじれ現象が再現することになりかねない。公明党やみんなの党などが、それを睨んで連立参加の可能性を否定していない。

自民党内から新党の動きが本格化するとすれば、当然のことながら連立参加を視野に入れたものになるであろう。それが実現するか、どうかは別問題だが、少なくとも自民党内の権力闘争という狭い視野で律することは出来ない。

ただ、これは民主党の問題でもある。

党内に旧社会党グループを抱え、社民党と連立を組み、連合組織に依存する現在の政権は、明らかに左派政権である。日本版の盧武鉉政権といっていい。韓国では盧武鉉政権から李明博政権に代わったが、日本では左派政権に対する支持層が依然としてある。だから参院選で民主党が単独過半数を獲得できなくても、現在の与党三党の枠組みで過半数を獲得することに全力を傾注するであろう。

それが参院選の結果、出来なかった場合を考えるのは、時期尚早なのかもしれない。しかし左派政権の課題となっているのは、外交・安全保障政策と財政再建政策の二つの基本政策である。その面で今の左派政権はいかにも頼りない。

民主党内は左派一色ではない。非小沢グループや保守系グループもあって、”一致団結弁当”ではない。かなり幅が広い政党である。参院選の結果によっては、民主党内で"擬似政権交代”が起こることもあり得る。

<自民党の与謝野馨・元財務相が、10日発売の月刊誌「文芸春秋」4月号に寄稿した論文で、谷垣総裁のままでは今夏の参院選を戦えないとして辞任を要求し、実現しなければ新党結成も視野に行動する考えを表明していることが、6日わかった。

与謝野氏は同日、都内で記者団に、すぐには行動せず、当面は執行部の対応を見極める姿勢を示したが、党総裁選に出た経験を持つ有力者の与謝野氏が、谷垣氏の辞任が望ましいとする意向を明確にしたことで、党内の「谷垣降ろし」の動きを誘発する可能性もある。

与謝野氏は論文で、「この半年間、本気で鳩山政権を倒そうという気概が見えなかった」と執行部を批判。そのうえで、「谷垣総裁では党の再生はおぼつかない。このままでは夏の参院選も戦えない」として、谷垣氏の辞任を求めている。

また、「現執行部を刷新して新生自民党で出直す道もある。それがだめなら新党を含め新しい道を歩む決断をせざるを得ない」とし、執行部が交代しない場合、離党して新党結成に踏み切る可能性にも言及している。(読売)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:52 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996134
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE