<< チリ巨大地震、エネルギーは阪神大震災の300倍 古沢襄 | main | 責任は首相の優柔不断な対応にある 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







ドイツ アフガン増派を決める 宮崎正弘
ドイツ国会、68%の圧倒的賛成でアフガニスタンへの増派を決定。米英軍は次にヘルマンド県に集中攻撃作戦を展開。

ドイツは622定員の議会で429名が賛成にまわり、アフガニスタンへの兵隊増派をきめた。850名が増派され、合計5350名になる。

撤退を表明したオランダやインド洋給油という安全地帯からも逃げ戻った日本とは対照的な政治的動きを見せ、さらに27日には、いよいよドイツがギリシアの銀行危機救済に立ち上がったというニュースが加わった。

「ドイツが主張を始めた」という動きを象徴している。この増派決定も、ギリシア救済も周辺諸国へ「独立主権国家」=ドイツの主張をしている構図、日本とはまるで対照的である。

さてアフガニスタン現地ではマルジャにおけるタリバン征討作戦が功を奏し、つぎにモシュトラク征討作戦を始める。

マクリスタル最高司令官は、マルジャから逃れたタリバンがカンダハルへ多数逃げ込んだこともあり、次のモシュトラク(地名)征討作戦はきわめて重要とのべた。
 
一方、首都カブールで自爆テロがつづきインド大使館近辺が集中的に狙われる。アフがニスタンのすぐ北の隣国=タジキスタンではアフガニスタンからの難民が激増し、国際赤十字は「難民が三倍、7500名になっている」と発表している(アルジャジーラ、27日)。

日本では中国からの「難民」(密入国、不法就労、偽装留学、結婚詐欺?)がゆうに百万人をこえている。
         
杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 宮崎正弘 | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 05:47 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/996091
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE