<< 現実味増すか、鳩山首相の退陣 花岡信昭 | main | 鳩山短命説は早すぎる 岩見隆夫 >>
藤井財務相が”お姉様”と呼ぶ92歳の女性 古沢襄
「鳩山短命説は早すぎる」と岩見隆夫さんが書いている。昨年暮れ以来、私も同じ見方をする様になった。

政界の黒幕・辻嘉六
藤井財務相が予算編成で疲れ果てて、加療の身となった。通常国会の予算委員会に出れるか分からない。普通なら財務相を差し替える人事の噂が永田町を駆け巡るところである。だが、その噂が出ないところに永田町の不思議さがある。不思議さというよりは、小鳩政権の裏舞台で目に見えない綱引きが演じられている。

藤井財務相が”お姉様”と呼ぶ謎の女性がいる。92歳になった”お姉様”は、毎日、赤坂の事務所に出勤しているが、事務所には政財官界の大物が出入りしていて、その動きは昨年暮れから急なものがある。政界情報の早さでは、ツンボ桟敷の首相官邸とは比較にならない。

小沢幹事長も”お姉様”の前に出ると神妙にならざるを得ない。小沢氏が初当選した時に、”お姉様”が有望新人を集めて赤坂の小料理屋で政界入門の手ほどきをした。名付けて「辻学校」。一宿一飯の恩義がある。

”お姉様”の父親は辻嘉六といった。明治10年3月生まれ。日本化学産業代表取締役などのかたわら、戦前は、平民宰相・原敬と親しく、立憲政友会の黒幕的な存在といわれた。亡命中の孫文を援助したこともある。

戦後は鳩山一郎が初代総裁になった日本自由党の結成で、児玉誉士夫を使って資金面で助ける黒幕となった。当時の鳩山家は今のような資産家ではい。昭和22年のことだが、衆議院決算委員会で世耕弘一がダイヤモンドなどの隠退蔵物資の処分をめぐって辻嘉六がかかわったと追及した事件があった。

実際には敗戦当時に上海にいた児玉誉士夫が軍の貴金属類を持ち帰り、それを日本自由党の結成で役立てたというのが真相の様だが、辻嘉六は黙して語らず昭和23年12月21日に死去。東京に辻嘉六の墓があるが、墓碑の裏書は鳩山一郎が書いている。戦前、戦後を通じた政界の黒幕だが、赤貧洗うがごとく借金だけが残っていた。

辻嘉六の主治医は藤井財務相の父親
辻嘉六の主治医は藤井財務相の父親。”お姉様”とは父親時代からの付き合いになる。また鳩山一郎がGHQパージで追放されると、吉田茂は”お姉様”を辻嘉六の娘として出入りを許している。吉田学校の優等生だった佐藤栄作、池田勇人は、それをみて”お姉様”を別格の扱いをする様になった。

池田、佐藤が総理になると”お姉様”は総理大臣室にフリーで入れる唯一の女性となった。”お姉様”の美貌もあるが、辻嘉六譲りの政界情報通が珍重されたのではないか。父親は財産を遺さなかったが”人脈”という遺産を残して、あの世に去った。

政界だけでない。読売巨人軍の応援団”無名会”の紅一点として王選手らの面倒をみている。岩見隆夫さんも”お姉様”と親しい。吉田内閣以来、”お姉様”に面倒をみて貰った政官財界人は数かぎりない。元来、世話好きな人である。

2007年2月に”お姉様”の「米寿を越えた喜びの会」がホテルオークラであった。会場には政財官界の大物が揃って出席して盛会であった。自民党政権下だったが、病気の宮沢元首相、村山元首相、綿貫民輔国民新党代表、藤井民主党前代表代行も出席、政界を引退した筈の野中元幹事長も加わった。

鳩ポッポのお守り疲れ?
”お姉様”は鳩山一郎の孫である現政権を少しでも長持ちさせたいと思っているのは想像に難くない。そういう人間のしがらみで生きてきた人である。小沢幹事長も鳩ポッポの首を絞めあげて、裸で抛り出す様なことをすれば、評判を落とすことは百も承知の筈である。

鳩山内閣の支持率が50%前後で下げどまり、参院選の前に60%近くまで回復すれば、鳩山首相の首はつながるのではないか。

だが、そこは恵まれた家庭に育った世間知らずの”お坊ちゃま”。ブレたり、迷走を繰り返し、支持率が下がり続けることにでもなれば、さすがの”お姉様”もサジを投げて沈黙せざるを得なくなる。藤井財務相は予算疲れというよりも鳩ポッポのお守り疲れなのではないか。夜の深酒が過ぎたという噂もある。

辻トシ子さんの関連記事

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE