<< 舛添前厚労相、自民に必要なのは「小沢氏超える独裁的指導者」 古沢襄 | main | 自民「参院第1党の座奪取」 運動方針案 古沢襄 >>
慶応天皇 MoMotarou
慶應義塾は単に一所の学塾として自から甘んずるを得ず。其目的は我日本国中に於ける気品の泉源智徳の模範たらんことを期し、之を実際にしては居家処世立国の本旨を明にして、之を口に言ふのみにあらず躬行実践、以て全社会の先導者たらんことを欲するものなり。 以上は曾て人に語りし所の一節なり   福澤諭吉書

こんな不快な場面を見たのは初めてです。今も収まりません。小沢民主党幹事長は何様と思っているのでしょうか。This man(こいつはーブッシュ大統領が韓国のノムヒョンを指した言い方)、日本人ではない。

■幹事長の品格
ついでに、中国訪問のあと、韓国で大学生を相手に講演した様子を見ると吐き気がします。まず皆さんも一度見てください。韓国の歴史教科書の読み過ぎ!ベネズエラのチャベス大統領の方が上だ。

[2/4【討論!】民主党政権と解体する日本[桜H21/12/19]
http://www.youtube.com/watch?v=m4TTTgSbZoM

■周到な準備
習近平副主席の来日に先立って、中国紅軍の楽団に勤務しているオペラ歌手の奥さんが来ました。東宮家を学習院に招待して披露しました。東宮家の参加は「私的参加」だそうですが、一体誰がセットしたのでしょうか。これなども中共の対皇室工作の一環でしょう。

また石原都知事がオリンピックを東京に誘致する際、唐突に東宮殿下を北京に行かせようとしました。これも工作の臭いがするのでした。

■分断工作
言い方は悪いが、皇太子殿下は女房の尻に敷かれているようなものですから、妃殿下の意向が反映され易いでしょう。

小和田家の御当主は、「ハンディキャップ国家日本」「東京裁判史観賛成」の方であります。一言で申し上げれば「左翼」です。中共の工作がし易い環境であります。

■「銭儲け」も程々にしましょう
シナには「市場(マーケット)」はありますが、「先端技術」はありません。やはり米国です。シナに偏ると新しい技術や情報も米国の国防面から出し渋るようになります。

常に国益を中心に据え、幅広い選択肢を確保したいものです。シナ大陸にのめり込むと碌な事がないのは歴史に明白です。

■オザワンに告ぐ
韓国の次期大統領に推薦します。在日参政権も成立させれば、日本からの票も沢山集まり当選間違いないでしょう。後の日本はお任せ下さい!

   同志社大学で、戦後初めて「天皇陛下 万歳」の声が鳴り響く
   http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2562.html

 *資料: 小沢一郎 國民大講演 (1) Ozawa's Speech at KMU
      http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM
    「正論より大声」ドロンパ
      http://www.youtube.com/watch?v=C3E9QYTHbnU
  
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「鳩山首相に腹を立てた小沢幹事長 古沢襄」
  http://blog.kajika.net/?eid=995627 
 ・「CH桜:1/4【討論!】民主党政権と解体する日本[桜H21/12/19]」
  http://www.youtube.com/watch?v=CMhOqO-HjLY
 ・宮崎正弘「辛口コラムー書評その26・メルケル鉄血宰相の登場」
  http://miyazaki.xii.jp/column/index.html
 ・「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| MoMotarou | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:15 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995664
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE