<< 「普天間、日米合意に沿って判断を」と渡部黄門様 古沢襄 | main | 毎日調査でも内閣支持率が続落55% 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「民主党は社会主義的政党」と安倍元首相が批判 古沢襄
世論調査で支持率が低下傾向をみせている鳩山政権だが、野党の自民党は攻めあぐねている。民主党内に保守系と旧社会党系がある様に自民党にもリベラル系と保守右派の相違がある。谷垣自民党は二つの流れを「みんな仲良く」の合い言葉でまとめようとしている。

ここにきて保守右派の代表選手である安倍元首相が遊説などで積極的な保守回帰の発言をする様になった。それが自民党の支持率を回復することになるか分からない。だが手詰まり感がある谷垣執行部よりも、民主党攻撃の迫力があるのは事実である。

ただ安倍氏の発言は保守右派の理念の傾向があるので、国民の心に響くのか疑問が残る。国民が求めているのは不況の中で二番底に落ちかねない経済・財政政策の大胆な転換ではないか。その処方箋を自民党が打ち出さないかぎり自民党の支持率はあがらない。

自民党の安倍晋三元首相は19日、福島県郡山市内で開かれた根本匠元衆院議員の郡山連合後援会拡大役員会に出席し、「民主党は極めて社会主義的な政党だ」と批判した。

安倍氏は「まず配ること、給付することありきの施策ばかりで、いかに原資を確保するかを説明していない」と指摘した。天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見をめぐる問題では「外交上、絶対にあってはいけないことだった」と厳しい口調で語った。(福島民報)>
| - | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 00:16 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995644
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE