<< 内閣支持率が発足時よりも16%も減 古沢襄 | main | 羽毛田宮内庁長官の人となり 古沢襄 >>
”天皇の護り人”宮内庁長官をクビにする暴挙 古沢襄
お役人にも骨がある人物がいる。本性を現した民主党の小沢幹事長の「辞表を出せ」発言に対して、羽毛田宮内庁長官は「ルールを守っていただきたいと言うのが私の役回りと思っているので、辞表を出すつもりはありません」ときっぱり断った。

天皇陛下の健康を気遣い、政党の政治利用をさせない”天皇の護り人”として敢然たる発言である。すでに無為無策の鳩山首相に対して国民の支持は離れつつあるが、傲岸無礼な小沢一郎のテレビ発言で民主党政権に対する国民支持離れは加速されるであろう。

NHKの世論調査で鳩山政権に対する支持率は発足時よりも16%も急降下した。テレビ朝日の調査でも発足時の72・6%の支持が56・2%と16・4%も落ちた。民主党政権に対する国民の期待が裏切られつつある。

民主党内には黄門様・渡部恒三元衆院副議長のような良識派がいる。”天皇の護り人”羽毛田宮内庁長官をクビにする暴挙を許すべきでない。

<民主党の小沢一郎幹事長が天皇陛下の会見を巡り「辞表を提出してから言うべきだ」などと批判したことに対して、宮内庁の羽毛田信吾長官は14日夜、報道陣に対して「(ルールを)守っていただきたいと言うのが私の役回りと思っているので、辞表を出すつもりはありません」と断言した。

羽毛田長官は「日中関係の重要性という理由で特例を設けるのは、国の大小とか政治的重要性とかにかかわりなくお務めを果たしてこられた陛下の外国とのおつきあいのあり方をないがしろにし、政治的なことで懸念を生じること」と11日に述べた主張を繰り返した。

そのうえで「陛下のお務めのあり方を守るのが私の役目で、そうした懸念が生じた場合は言うべきことを言う」と述べた。小沢幹事長の発言に対しては「申し上げる立場にない」としてコメントは避けた。(毎日)

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:13 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995592
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE