<< 伊藤博文「暗殺100年」 岩見隆夫 | main | 日本の外務省に聞いてくれ 古沢襄 >>
6日に岡田・クリントン会談 古沢襄
<【ワシントン共同】米国務省は10月31日、クリントン米国務長官が11月6日(日本時間同7日)に国務省で岡田克也外相と会談すると発表した。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、米政府は11月12日のオバマ大統領初訪日までの決着を日本側に迫っており、岡田氏は自らが模索する米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案などについてクリントン氏と協議する見通し。

岡田氏は、クリントン氏との会談でひざ詰め談判し、年内決着を目指す考えを説明して米側の理解獲得を狙う一方、嘉手納案の可能性を探りたい意向だ。

また、オバマ米政権が重視するアフガニスタン支援をめぐり、日本の民生面でのアフガン支援強化についても話し合うとみられる。

当初、岡田氏側は11月1日の日米外相会談実施を目指したが、米側が日本政府の方針が定まらないままでの会談に難色を示したことや、クリントン氏の中東やモロッコ訪問などと日程が重なるなどしたために断念。6日を軸に再調整していた。

米側は普天間飛行場移設について、日米合意に基づく米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設が「唯一、実現可能だ」(ゲーツ国防長官)と強調して現行計画の早期履行を要求、大統領訪日までに結論を出すよう求めている。(共同)>

<[東京 1日 ロイター] 岡田克也外相がワシントンで11月6日(日本時間同7日)、クリントン米国務長官と会談を行うことが明らかになった。共同通信など複数のメディアが1日、米国務省の発表として報じた。

両外相は、今月12─13日に予定されるオバマ米大統領の訪日を前に、懸案となっている米海兵隊普天間飛行場の移設問題に焦点を当てた協議を行うとみられる。

鳩山首相は、8月の衆院選前には沖縄県宜野湾市にある普天間飛行場の県外移設を訴えていた。

一方、ゲーツ米国防長官は先月日本政府に対し、同飛行場については、沖縄駐留の海兵隊員8000人のグアム移転計画と同様、2006年の日米合意に基づき、計画通り県内の人口密度の低い地区へ移転させるよう強く求めていた。(ロイター)>

一度は米側から断れた岡田・クリントン会談が6日に行われる。11日のオバマ米大統領の来日を直前にした日米会談となった。鳩山政権に不信感を募らせている米政府として、岡田外相と最後の話し合いをする。もの別れに終われば、オバマ訪日に影響が出るかもしれない。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 14:51 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995279
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE