<< 中国にもウォシュレット? 渡部亮次郎 | main | オバマ政権がFOXテレビを攻撃する 古森義久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







プレーオフを制した申智愛が今季初優勝 古沢襄
韓国の女子プロ・ゴルファーは強い。兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部で行われた国内女子ツアー第29戦「マスターズGCレディス」の最終日、優勝争いは通算8アンダーの申智愛、福嶋晃子、三塚優子三人のプレーオフにもつれ込んだ。

最終ラウンドで強さを発揮することから「ファイナル ラウンド クイーン」(Final Round Queen)のニックネームを持つ申智愛が、福嶋晃子と三塚優子を下して、日本ツアー今季初優勝を決めた。期待された諸見里しのぶは有村智恵、李知姫とともに通算6アンダーで四位タイ。横峯さくらは通算3アンダーで7位タイ。

ここは率直に申智愛の優勝を祝いたい。小学校5年からゴルフを始め、5ヶ月後に出場した大会で早くも優勝した天才ゴルファー。韓国ツアーで20勝、アジア女子ツアーでも2勝を挙げている。全英リコー女子オープンでメジャー初優勝した実力者。

目下、米ツアー賞金ランクトップの申智愛で、二位の宮里藍ちゃんを押さえているが、この賞金女王争いも興味深い。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 16:07 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995220
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE