<< 「厄介なのは中国ではなく、日本」と米紙 古沢襄 | main | パキスタン 全ての学校と大学を閉鎖 宮崎正弘 >>
中国初の海外での人民元建て国債に3倍人気 宮崎正弘
それにしても世の中は機会便乗主義の投機集団だらけ。世界の金融筋が静かに注目してきたのは中国がはじめて海外(と言っても香港だが)で起債した人民元建て国債。

ウォールストリート・ジャーナルの華字版(華爾街日報。21日付け)によれば、発行額60億元に対して、申し込みが殺到し、三倍の人気という。

「この結果は中国が海外での本格的な国債発行により資金調達することに自信を得た」(交通銀行筋)。「将来の展望は明るく、今後ますます香港での起債、資金調達が増えるであろう」(中国財政副部長=李勇の発言)。

「香港ドル建ての債券より人民元建て債券に市場の需要があることが分かったうえ、ドル安の展望をふまえ、人民元切り上げへの予防措置を投資家らがとったとも考えられる」(東亜銀行)

つまり香港ドルVS人民元の為替展望において、香港ドルは人民元より弱含みであり、そのうえ、今回の人民元建て債券は利率がきわめて好条件(二年もの2・25%,三年物=2・70,五年物=3・30%)であることも買われた理由でもあろう。

それにしても中国人コミュニティは機会便乗主義の投機集団だらけのようだ。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 宮崎正弘 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:52 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995197
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE