<< 書生論の「核の先制不使用」 古沢襄 | main | パキスタン軍がタリバンの聖地に猛攻撃 宮崎正弘 >>
「全面的で完全な核兵器撤廃」と北朝鮮 古沢襄
北朝鮮は国連で「全面的で完全な核兵器撤廃」を主張するという。朝鮮中央放送と朝鮮中央通信が報じている。国際世論に背を向けて核武装に狂奔する北朝鮮が、核兵器撤廃を主張するのは矛盾している。盗人が泥棒に入った家で、盗みはいけないと説くに等しい。「説教強盗」という。

北朝鮮に対する米国の核脅威が終息し、敵対政策が決定的に撤回されなければ核開発は続ける・・・というのが北朝鮮の理屈である。核兵器のない世界を唱えたオバマ米大統領は、同時に自分が生きている間には実現できないかもしれないと、その道の難しさを説いている。

難しさを承知で核弾頭の削減を米ロ間で進めているオバマ米大統領に対して、米国の核脅威が終息するまでは核開発をやめないと主張する北朝鮮・・・とどのつまりは、自国の核武装を正当化しているに過ぎない。「説教強盗」と言わないまでも、北朝鮮の「全面的で完全な核兵器撤廃」は、政治的な言葉の遊びということになる。

<【ソウル18日聯合ニュース】北朝鮮代表が12日に開催された国連総会第1委員会で「世界平和と安全保障において軍縮、特に核軍縮問題は焦眉(しょうび)の問題となっている」とし、北朝鮮は地球上の核兵器の全面的かつ完全な撤廃を主張すると強調した。北朝鮮の朝鮮中央放送と朝鮮中央通信が18日に報じた。

北朝鮮代表は、先ごろ米国が核兵器のない世界を提唱したことについて言及し、「世界最大の核保有国らが核軍縮で先頭に立てば、さまざまな地域に新たに登場した核保有国にも有益になる」と述べた。

北朝鮮は、朝鮮半島で不安定な停戦状態を強固な平和体制に転換させ、冷戦の最後の遺物を清算し、非核化を実現するという立場を貫いているとした上で、朝鮮半島の非核化が実現するには北朝鮮に対する米国の核脅威が終息し、敵対政策が決定的に撤回されなければならないと主張した。

また、停戦体制を平和体制に転換することは朝鮮半島の平和と統一のためだけでなく東アジアと世界平和の安全のためにも必須だと強調した。

続けて、北朝鮮はジュネーブ軍縮会議が世界的な軍縮に向け最も有益な機関となると認めているとし、今後も朝鮮半島と世界の平和・安定にむけ全ての努力を傾けると述べた。(聯合ニュース)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 08:43 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995162
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE