<< 金日成が朴正煕を一時支持 古沢襄 | main | 宮里藍ちゃんの二週連続優勝に期待 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







「日本」ブランドを売る広報外交 伊勢雅臣
■1.国家ブランド戦略「かっこいいイギリス」■
あなたは英国についてどんなイメージをお持ちだろうか?「保守的な英国紳士とストばかりしている労働者からなる停滞した階級社会」か? あるいは「ビートルズやサッカーのベッカムを生んだ革新的でダイナミックな国」か。

現在の多くの日本人は、後者のイメージを持っているだろう。しかし、わずか20年ほど前には前者のイメージの方が支配的だった。国家のイメージは劇的に変わりうるのである。

英国のイメージ転換は、97年に首相の座についた44歳の若き労働党党首トニー・ブレアが強力に推し進めた国家ブランド戦略の賜物である。そのキャッチフレーズが「クール・ブリタニア(かっこいいイギリス)」だった。

ブレア首相のブレーンとして国家ブランド戦略の理論的支柱となったのが、20代前半の研究者マーク・レナードである。レナードは、海外において「陰鬱な気候、まずい料理、冷淡な人々という、手垢にまみれたイギリスのステレオタイプ・イメージが依然支配的である」と指摘し、英国民自身が自らに誇りを持てず、企業は「イギリス」という看板をビジネスにマイナスと考えていると述べた。

しかし、「実はイギリスは革新的なアイデア、商品、サービス、国民、文化のハブ(中心)となっている国家であり、われわれの歴史は追従型ではない創造性にあふれている」とレナードは説き、これに従ってブレア首相は英国ブランドを確立するため、ポップ・カルチャーやファッション、スポーツなどの分野での人材育成、新観光名所の整備、都市の再開発などを進めていった。[1,p62]

こうした戦略的な努力により、世界における英国のイメージは変貌を遂げたのである。

■2.パブリック・ディプロマシー(広報外交)■
企業が市場で自社のブランドを売り込むように、国家も自国のイメージを国際社会の中で売り込む。これがパブリック・ディプロマシーと呼ばれる活動である。ここでは「広報外交」と訳しておこう。

たとえばイギリスはその国家ブランドにより、海外から多くの観光客を集め、また2012年のロンドン・オリンピック招致にも成功している。アメリカとともにイラク派兵も積極的に行ってきたが、アメリカとは違って「軍事的に強硬な国」というマイナス・イメージは希薄である。

国際世論が各国政府を動かし、また国際市場で各国企業が競争する現代においては、それぞれの国が国際社会に持つ「ブランド・イメージ」が、きわめて重要になってきている。そのために各国が戦略的に公報外交を展開する時代になったのである。

■3.世界で最も影響力のあるBBCワールドサービス■
イギリスの広報外交の内容をもう少し詳しく見てみよう。その特徴としては国際放送と国際文化交流の2つの柱がある。

英国は国際放送分野では、BBC(英国放送協会)ワールドサービスという世界で最も影響力のある国際放送局を持っている。世界42の言語で1億2千万人の視聴者にニュースや解説を届けている。

BBC本体のテレビ、ラジオ放送は受信料でまかなわれているが、ワールドサービスは政府の補助金によって運営されている。しかし報道の自由が政府から保障され、「正確で、偏見のない、独立したニュース報道機関」として、国際的な定評を受けている。

それでも、その目的は「国内や海外で発生した事態について、バランスのとれたイギリスの見方を伝え、イギリスの暮らし、組織、業績について正確かつ効果的に表象する」ことを目的としており、完全に無国籍、中立の立場に立っているわけではない。BBCワールドサービスを見聞きしているうちに、知らず知らずのうちに、視聴者はイギリスの見方を学び、またイギリスの社会や文化について親近感を持つような報道がされているのである。

■4.愛・地球博で日本の市民層をターゲットに■
広報外交のもう一つの柱が国際文化交流だが、これについてもイギリスは戦略的に自国のブランドを確立しようと努力している。その一例を、平成17(2005)年の愛知万博に見てみよう。

この「愛・地球博」への参加を、英国政府は「日本の市民層をターゲットにした広報外交活動」と規定し、日本におけるイギリスの政治的、経済的、文化的影響力を土台から補強しようと意図した。

参加準備のプロジェクト・チームの責任者には、英国外務省の広報外交部長が就任し、英国館は、日本の市民に向けて、イギリスの革新性や最先端技術、環境保全努力などを発信することを目指した。こうして企画された英国館を、愛・地球博の公式サイトは次のように紹介している。

パビリオンに入ると、まず英国の空をイメージした作品や、鳥の声などで田園風景を疑似体験できます。さらに進むと、7つの展示が点在するイノベーション・ゾーンが現れます。自然の中にはさまざまな科学のヒントが隠されていて、その仕組みを研究することによって革新的なアイデアや技術が生まれました。ヤモリが天井に貼りつく仕組みから強力な接着テープを開発したり、サメの皮から発想されたより速く泳ぐためのスイムスーツ、コウモリの超音波を視覚障害者に役立たせるなど、英国で研究が進められている数々の発明のインタラクティブなデモンストレーションをここで体験できます。

英国館は予想を上回る好評を博した。当初設定した目標入場者数は150万人だったが、その倍以上の301万人が訪れた。その中には1768名もの世界の要人も含まれていた。

日本のメディアでも好意的に報道され、301の記事が新聞・雑誌に掲載され、50回のテレビ報道がなされた。これらを広告費用として金額評価すると300万ポンド(約6.6億円)の価値があり、これだけで出展費用400万ポンド(約8.8億円)の75%を回収できたことになる。

英国館入場者に対して行われたアンケート調査では、63%が英国館を外国館のベスト5に入る、と答え、また入場者の7割は、英国イメージが「停滞」「保守」から「革新」「ダイナミック」「モダン」に変化したと回答している。

こうした地道な努力の積み重ねによって、英国のイメージは以前と大きく変わっていったのである。

■5.サムライたちの広報外交■
このように万国博覧会は広報外交においても重要な舞台であるのだが、この点を我が先人たちは幕末の開国直後に即座に見抜いていた。

明治維新に先立つこと1年前の1867年に開かれたパリ万博では薩摩藩が「日本薩摩太守政府」の名で、あたかも独立国であるかのような体裁で参加した。そのため幕府の出展では「日本大君政府」と名乗らざるを得なかった。薩摩藩と幕府の国内における政権争いが、広報外交での競争にも発展したのである。[a]

明治維新の後も、国際社会に乗り出したばかりの日本は、独立を維持し、近代国家の仲間入りするために、必死の努力を続けた。その過程で広報外交は重要な武器であった。

日清戦争当時、第二次伊藤博文内閣で書記官長(現在の内閣官房長官)をつとめた伊東巳代治(みよじ)は、英国の通信社ロイターに多額の資金を送って(悪く言えば「買収」して)、国際世論を日本に有利に導かせた。[b]

日露戦争では、金子堅太郎がハーバード大学仕込みの英語を駆使して、全米各地で講演会を開き、晩餐会でスピーチをし、新聞や雑誌に寄稿して、八面六臂の広報外交を展開した。そのために米国の世論は、野蛮な侵略国ロシアに立ち向かう新興文明国日本、というイメージを持った。[c]

また戦地においては日本軍は欧米の新聞記者たちを温かく迎え、個人的な親交を築いた。記者たちが多分に日本軍の視点から見た記事を書いたことは想像に難くない。アメリカのシカゴ・ニュースの記者スタンレー・ウォッシュバンなどは、乃木大将を自分の父親のように敬愛し、帰国してから"Father Nogi"という本を出版したほどである。[d]

こうした日本の広報外交が奏功して、国際世論は親日的となり、これをテコに日銀副総裁・高橋是清は欧米で外債を発行して、膨大な戦費を調達することができたのである。[e]

■6.大正、昭和の広報外交■
日清・日露戦争、第一次大戦の勝利を通じて、我が国は有色人種でただ一つの強国という地位を獲得した。この特異な立場から、パリ講和会議での国際連盟創設の議論において人種平等条項を提案したことは、米国の黒人も含め、差別されている世界の有色人種に希望を与え、かつ日本を有色人種のオピニオン・リーダーと位置づけた点で、きわめて強力な広報外交であった。[f,g]

しかし日英同盟が解消され、英米との対立が深まると、国際的に定評を得ている英米マスコミの後ろ盾をなくしたため、効果的な広報外交はむつかしくなった。

たとえば、日本政府はその後も人種平等政策を国策とし、ナチスや欧米社会からも忌避されていたユダヤ人難民に、満洲や上海などで安住の地を与えたが、これなども広報外交としてもっと活用されるべき政策であった。これらの実績を効果的にアピールしていれば、日本は世界のユダヤ人の支持を受けて、ナチスとは異なる人道主義の国として認識され、その後の英米との対立もだいぶ様相が異なったはずである。

また昭和18(1943)年、大東亜戦争の最中に満洲国、中華民国、タイ、フィリピン、ビルマ、自由インド仮政府の代表者が東京に集まり、大東亜会議が開かれた。この会議で採択された「大東亜共同宣言」は、アジアの有色人種に「自主独立」と「万邦共栄」を呼びかけたもので、独立を渇望するアジア各民族に深い影響を与えた。しかし、これも時遅しで、戦況を好転させるには至らなかった。

戦後、昭和39(1964)年に開催された東京オリンピックは、日本が戦禍から完全に立ち直り、国際社会に復帰したことを世界に告げる一大国家イベントであった[j]。また、昭和45(1970)年の大阪万博は万博史上最多の64百万人の入場者数を集め、奇跡的な高度成長によって、日本が世界有数の経済大国になったことを国内外に示した。

大東亜戦争前後の難しい時期はあったが、総じて我が国は国際的な舞台において、真剣に広報外交に取り組んできたと言える。それは近代国際社会の荒海で生き延びるための必須の手段であった。

■7.世界でもトップレベルの日本の評判■
こうした広報外交努力の積み重ねもあって、現在の我が国の国際社会におけるイメージは極めて良好である。BBC他は主要12カ国それぞれについて「世界の中での影響が肯定的なものかどうか」を問う国際世論調査を実施し、その結果を2007(平成19)年3月に公表した。

調査は27カ国の2万8000人に対して行われ、総平均(自国への評価を除く)で肯定的評価の率が高かったのは、カナダ(54%)、日本(54%)、EU(53%)などであった。

日本への肯定的評価を国別で見ると、アメリカ(66%)、ブラジル(64%)、イギリス(63%)、トルコ(51%)、ナイジェリア(65%)、インドネシア(84%)、フィリピン(70%)、オーストラリア(55%)など世界の全地域で高い評価を受けている。実に27カ国中、25カ国で肯定的評価が否定的評価を上回るという優等生ぶりである。

例外の2カ国は、中国(肯定的18%、否定的63%)、韓国(肯定的31%、否定的58%)と否定的評価が突出しており、この2カ国における意図的な反日教育、反日報道の影響であると思われる。

日本国内では中韓の反日的態度から、日本は世界で評価されていないとか、アジアで警戒されているなどという先入観を持つ人がいるが、事実は中韓の反日姿勢の方が世界でも異常だということである。

両国とも日本から膨大な経済援助を貰いながら、それぞれの政権が「反日」を存立基盤にしている、という歪んだ国内事情がある[k,l]。言わば、被害妄想の隣人に憎まれているようなもので、正常な隣人たちとはまた別の付き合い方が必要である。

■8.個人的つきあいから生まれる親日イメージ■
中国社会科学院研究所が2006年に実施した世論調査でも、日本に対して「親近感を持っていない、あまり持っていない」が52.9%、「非常に親近感あり、親近感あり」が7.5%、「普通」が37.6%と同様の結果が得られている。[1,p238]

「親近感を持っていない」理由として挙げられているのは、「日本は中国侵略を反省していない」が断然トップで、まさに反日教育の影響が如実に窺われる。

逆に注目すべきは、少数派の「親近感を持つ」方の理由として「両国友好の歴史が長い」「日本の経済が発展している」と並んで、「日本留学・訪問の経験がある」「日本人の友達がいる」「家族や友達が日本にいる」などという理由が挙げられている点だ。

日本の社会は、親切、礼儀正しさという点で国際水準をはるかに超えており、これは日本を訪問する外国客や留学生の多くが一様に感ずる所である[m]。また海外在住の日本人も、個人的な礼儀正しさ、親切さで、現地の人々に肯定的イメージを与えているケースは良く聞く。

海外に住む日本人はもちろんの事だが、国内にいて海外からの観光客、ビジネス客、留学生などに日本人らしい親切さ、礼儀正しさで接し、彼らに良い日本のイメージを持ってもらうことは、広報外交の重要な柱であり、またその良いイメージが我我の子孫の財産になる。こうした振る舞いを心がける人こそ、「国際派日本人」と呼びたいものである。

■リンク■
a. JOG(608) 幕末の国際ビジネスマンたち
 彼らは国際貿易で倒幕と明治維新の資金を作った。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h21/jog608.html

b. JOG(568) 明治日本の広報外交
〜 情報官僚・伊東巳代治の情報工作
 日清戦争当時、英国通信社ロイターを操って、国際世論を誘
導した情報官僚がいた。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h20/jog568.html

c. JOG(464) サムライ達の広報外交
〜 米国メディアにおける日露戦争
 彼らは卓越した英語力で、日本の立場を語り、 アメリカ国民を味方に引きつけた。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog464.html

d. JOG(218) Father Nogi
 アメリカ人青年は"Father Nogi"と父のごとくに慕っていた乃木大将をいかに描いたか?

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog218.html

e. JOG(291) 高橋是清 〜 日露戦争を支えた外債募集
 莫大な戦費の不足を補うために欧米市場で資金を調達する、との使命を帯びて、是清は出発した。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog291.html

f. JOG(053) 人種平等への戦い
 虐待をこうむっている有色人種のなかでただ一国だけが発言に耳を傾けさせるに十分な実力を持っている。すなわち日本で ある。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

g. JOG(132) 人種平等への旗手〜米国黒人社会の日本観
 歴史上、日本人が持ち得たもっとも親しい友人、それがアメリカ黒人だった

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog132.html

h. JOG(257) 大日本帝国のユダヤ難民救出 
 人種平等の精神を国是とする大日本帝国が、ユダヤ難民救出に立ち上がった。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog257.html

i. JOG(260) ユダヤ難民の守護者、犬塚大佐
 日本海軍が護る上海は1万8千人のユダヤ難民の「楽園」だった。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog260.html

j. JOG(183) フレッド和田(下)〜祖国への熱き思い
 祖国日本にオリンピックを、という和田の熱意は、中南米諸国に感動の渦を巻き起こしていった。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog183.html

k. JOG(265) 「反日」ナショナリズムという病
〜 "日韓"関係の正常化に向けて
 韓国の「反日」ナショナリズムを分析すれば、日韓関係がうまく行かない理由が見えてくる。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog265.html

l. JOG(461) 中国反日外交の迷走
 中国の靖国反日外交は迷走を続けつつ、国際社会にその無理無体ぶりをさらけ出してきた。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog461.html

m. JOG(602) 外国人の見た「大いなる和の国」
「私たちは日本にくると、全体が一つの大きな家族のような場所に来たと感じるの」

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h21/jog602.html

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 17:01 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/995145
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE