<< ロシアが北朝鮮の食料支援を開始 古沢襄 | main | 新たな「無駄」を生むな 岩見隆夫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







スパンタ・アフガン外相も給油継続を要請 古沢襄
インド洋で給油業務についている海上自衛隊の撤収に賛同しているのは北朝鮮。日本の米国離れの象徴として歓迎している。

ニューヨークに滞在中している岡田克也外相は、会談したミリバンド英外相やパキスタンのクレシ外相から給油の継続を要請されている。25日にはスパンタ・アフガニスタン外相と会談したが「パキスタンなどの同盟国が、国際テロ組織アルカイダと戦うための支援として継続してもらえるならば大変感謝する」と要請された。

マニフェストに書いてしまったから、テロと戦っている各国の要請には応じられないとは、国際舞台ではさすがに言えない。岡田外相は「日本の国内問題として、これから検討していきたい」と述べるのが精一杯だった。だが、海上自衛隊の撤収は”日本の国内問題”なのだろうか?何か重大な勘違いをしてはいないか。

<【ニューヨーク共同】ニューヨーク滞在中の岡田克也外相は25日、スパンタ・アフガニスタン外相と会談。アフガン側がインド洋での海上自衛隊による給油活動の継続を要請したのに対し「日本の国内問題として、これから検討していきたい」と述べた。

岡田外相はアフガンおよびパキスタンへの復興支援は外相として取り組むべき重要課題の一つとした上で、日本のアフガンに対する20億ドル(約1800億円)の支援が「日本国民の税金で実施」されていることを認識してほしいと要請。8月に実施されたアフガン大統領選について「民主主義の大きな一歩」と評価した。

スパンタ外相は日本の支援に謝意を示し、給油問題については「日本が独自に決定すべき問題だが、(パキスタンなどの)同盟国が(国際テロ組織)アルカイダと戦うための支援として継続してもらえるならば大変感謝する」と述べた。

岡田外相はこの後、帰国の途に就いた。(共同)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:52 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/991228
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE