<< 「東アジア共同体」という妖怪がまた出た 古森義久 | main | 「核兵器なき世界」の歴史的決議 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







生煮えの鳩山構想の提示が描いた波紋 古沢襄
古森義久氏が指摘する様に鳩山首相が唱えた「東アジア共同体」構想は、民主党のマニフェストにあったという程度の思いつきの範囲を出ない。東アジア共同体が究極的には安全保障面での共通政策を持つことに思いを致せば、日本にとって唯一の同盟国である米国との十分な協議なしに、日中首脳会談で唐突に喋ることなどは出来なかった筈である。

「軽く口にしているだけの外交標語に過ぎないのならば、鳩山首相はきわめて無責任」と古森氏は糾弾するが、もともと鳩山氏はちょっと聞いた話でも、深くは考えずに口にする性格である。実弟の鳩山邦夫氏が兄貴の性格をよく言い当てている。結局は、外交・安全保障政策に取り組んで来なかった民主党の弱点が、ここにきて露呈されたことになる。

拙速にして生煮えの構想をぶつけられた胡錦濤中国国家主席ら中国側の方が戸惑ったらしい。早くも「米国と打ち合わせた中国封じ込めの東アジア共同体構想」という警戒的な論評が北京で出ている。そんな陰謀に満ちた”大それた構想”ではない。ちょっと口にしてみただけのことである。言うなら座興の漫画的な風景。

<鳩山由紀夫首相と胡錦濤中国国家主席の会談はニューヨークで行われ、東シナ海のガス田開発から北朝鮮問題まで幅広い議題について、「なごやかな雰囲気」(鳩山首相)で意見交換が進行したという。

しかし、今回の会談には、いくつかの懸念があることを指摘せざるを得ない。

鳩山首相は民主党の政権公約にも盛り込んだ「東アジア共同体」構想を提唱した。通商や金融、エネルギーなど幅広い分野での域内協力体制の構築を目指そうという試みである。

これを日中主導で行うなら中国の思惑と合致する。東アジアでの軍事面も含めた米国の影響力を弱める方向に作用するからだ。

「東アジア共同体」が究極的には安全保障面での共通政策や共通通貨を想定しているのだとすれば、国家主権の観点から待ったをかけたい。日本にとって唯一の同盟国である米国との十分な協議なしに、拙速に進めてよい構想ではあるまい。生煮えの構想提示はきわめて遺憾だ。

最大の懸案である東シナ海のガス田開発問題では、鳩山首相が「友愛の海にしたい」と述べたのに対し、胡主席は「平和友好協力の海にしたい」と応じた。しかし、昨年6月の合意後、実務協議は中断している。首相が「中国の動きの真意が見えない」とただしたのに対し、主席は「大局の枠組みの中で正しい処理が必要だ」と述べるにとどまった。

胡主席は大陸棚にあるガス田について「両国国民の敏感な問題」と表現した。中国の経済成長にとって死活的なエネルギーと領土問題では決して譲歩しないとの原則を示したとみられる。日本が国連に申請した沖ノ鳥島を基点とする大陸棚の延伸に中国は強硬に反対している。鳩山政権には日本の国益を死守する覚悟を求めたい。

鳩山首相は胡主席に対し、かつての日本による植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山談話」を基本的に踏襲すると述べ、「お互いの立場の違いを乗り越えられるような外交、違いを認め合える関係が『友愛』だ」と説明した。中国は歓迎するだろう。

しかし、中国の軍事力の増強が透明性を欠き、日本の脅威になりうる現実を直視すべきだ。友愛だけでは通用しない。来月の日中韓首脳会談では、毅然(きぜん)とした国益を守る主張を期待したい。(産経)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 09:31 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/990723
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE