<< 江沢民はいまなお皇帝気取り 宮崎正弘 | main | 佃煮は余り物保存食 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







サイコロ・ステーキをご馳走になった 古沢襄
細川隆一郎さんが亡くなった。政治記者の大先輩。十三歳も年上だったから雲の上の存在だったが、神戸支局長で都落ちしたので「オヤッ」と思った。毎日新聞で一番、仲が良かった江口宏氏(元下野新聞社長)に聞いたら「共同政治部にも派閥抗争があるだろう・・・」。

広島で原水禁大会があった。江口氏と出張取材したのが、帰りの汽車で「おい、神戸で下りよう」。そのまま毎日新聞神戸支局に行ったら、細川隆一郎さんが「おう、来たか」。ギョロ目の懐かしい顔だった。江口氏は政治部時代から細川さんと仲が良かった。口数が少ない江口さんだが、万感の思いが私にも伝わってくる。

「さあ、行くか」。細川さんは江口氏と私を連れて夜の神戸の街に連れ出してくれた。そこで初めて鉄板で焼くサイコロ・ステーキをご馳走になった。細川さんは大きな声で語り、豪快に笑う。江口さんは黙って、時々ニヤリと笑う。以心伝心というのだろうか、毎日政治部の先輩、後輩の信頼関係が羨ましいと思った。

間もなく、細川さんは毎日新聞の政治部長になって戻ってきた。「良かったな」と江口さんに言ったら、無口男はニヤリと笑っただけであった。

<細川隆一郎さん90歳(ほそかわ・りゅういちろう=政治評論家、元毎日新聞社政治部長)25日、老衰のため死去。葬儀・告別式は未定。喪主は長男隆三(りゅうぞう)さん。

1942年毎日新聞社に入社。主に政治記者の道を歩み神戸支局長、政治部長、東京本社編集局次長、中部本社編集局長などを歴任した。政治部長在職中の67年、佐藤内閣下での「黒い霧」と呼ばれた政治腐敗事件のキャンペーン報道で、日本新聞協会賞を受賞。73年に退社後は政治評論家に転身、テレビ、ラジオなど幅広く活躍し、歯に衣(きぬ)着せぬ語り口で人気を呼んだ。(毎日)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト 
| - | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 06:48 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/983228
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE