<< 世界に蔓延る「孔子学院」なのだが 宮崎正弘 | main | 韓国初の人工衛星の裏に潜むもの 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







風神雷神の涙 MoMotarou
建仁寺に残された国宝「風神雷神図屏風」を見て美術館を出た。二神が巻き起こす風雲も雷鳴も外には無い。まるで選挙が終わったような静けさだった。「桃太郎日記」平成21年8月23日より

建仁寺展

  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/1186811/

              ★

わが地元は前回の郵政選挙で自民党は5議席中3議席を失う異例区。また先の参議院選では総務大臣まで、「姫のトラ退治」で落選。今日の自民党凋落を暗示したかのようでした。

■特売マニュフェスト合戦
各党とも毎週のスーパーチラシのごとくマニュフェストを配っております。しかし、両党の集会に参加してみても読んでいる人は一人もいません。当てにしないのが日本人の特徴でしょうか。

米国などの契約社会では重要でしょうが、シナなどのアジアでは人物に注目します。「あれは信用できない」と思われたら御託を並べられて効き目がありません。「姫の虎退治」が良い例でしょう。

■悪魔との契約
民主党などの野党連合が圧倒的に勝っても、経済的に出来る事と出来ない事があるのは明白であります。問題はこの連合には常に「反国家・反日」的色彩が強いことでしょう。

これは米国の二大政党では考えられないことです。まさに周辺に存在する反日的国家の傀儡政権誕生でありましょう。

■英国の夕日
先の大戦中、英国においてはチャーチルが戦時内閣を組織し、内政を主に労働党に任せてドイツと戦いました。労働党はその間浸透伸張し、戦後(1945)の選挙で保守党に圧勝。「ゆりかごから墓場まで」の高福祉政策を取りました。

また教育においても、今の日本と同じサヨク史観に基づく自虐的教育を注入しました。教育制度は教員労働組合の支持を受けました。その後、勇気ある父兄らが立ち上がり、サッチャーさんが転換するまで英国を蝕みました。

■バラ撒きの下で
今回行われる政権交代では、無料化などバラ撒きに目が行っております。ばら撒きは、撒くものが無くなれば終わります。しかし、教育は百年影響が残ります。

日教組大臣にとっては「教育に政治的中立は無い」でしょう。教員の組合強制加入もありえるでしょう。左翼の世界では、政治は強権政治であり「友愛」はありません。

■抵抗戦線
「日本」という国を想う人々は、秘かに「対策(countermeasure)」の構築に着手しましょう。我々は「大いなる抵抗勢力」としてがんばらなければなりません。

 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「政策では自民党が優位なのだが・・・ 古沢襄」
  http://blog.kajika.net/?eid=982223
 ・「皇太子殿下、海上自衛隊を閲兵」
  http://www.youtube.com/momotarou100
 ・「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/ 
 ・『チャンネル桜:世界に向けてNHKを告発』
  http://www.youtube.com/watch?v=KJ-Uw4ZUnmQ
      
杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| MoMotarou | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 03:20 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/983214
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE