<< 西松の25億円は誰の手に 平井修一 | main | ソマリア沖で「ピースでボーッとしている人たち」 阿比留瑠比 >>
総選挙、参院選挙の影響は 古沢襄
明日に迫った民主党の代表選だが、これだけ小沢院政、小沢支配とメデイアに囃し立てられた影響は見逃せない。どちらが勝っても総選挙に与える影響は大きい。もうひとつ、忘れていることがある。野党優位の参議院だが、来年には定数半数の改選期を迎える。

次期総選挙は八月になるだろう。参院選挙は来年の七月になると見ていい。総選挙から十一ヶ月後、一年を切っている。

参院は小沢チルドレンの牙城だという。鳩山幹事長が代表選で優位に立ったという根拠もそこにある。代表選は民主党内のコップの中の嵐に過ぎない。だが、総選挙も参院選も国民の信任を得る試練の場となる。

自民党と真っ正面から対決する場である。小沢院政、小沢支配を引きずって選挙になるだろうか。民主党の議員も遅ればせながら、それに気がついている。それでも親小沢の鳩山幹事長が勝つかもしれない。

産経新聞の「揺らぐ”鳩山優位”」の記事は、その視点で読むと面白い。

<民主党内では14日、代表選をめぐり副代表の岡田克也陣営による必死の中間層取り込みと、幹事長の鳩山由紀夫陣営の切り崩し工作が続いた。鳩山優位は動かないが、じわじわと効果も表れているようだ。16日の投開票に向け、駆け引きと神経戦が展開されている。

■参院に動揺
14日夕、衆院議員会館。鳩山陣営の参院議員(党組織委員長)の柳田稔は、岡田を推す同じ広島県選出の衆院議員、松本大輔を呼び止めてクギを刺した。

「参院は静かにまとまっているんだ。ケンカは衆院でやってくれ。参院を騒がせないように、な」

参院は、代表の小沢一郎とともに鳩山の後ろ盾である党参院議員会長、輿石(こしいし)東(あずま)が仕切っており、鳩山の絶対優位が喧伝(けんでん)されていた。世論調査では鳩山より岡田の方が人気が高いが「衆院と違い、参院は近く選挙があるわけじゃない」(中堅議員)と、影響はあまりないとの見方が強かった。

ところが、その“盤石”であるはずの参院に、不安定感が生じてきた。

岡田は14日午後3時半ごろから、参院議員会館の各所属議員の事務所を訪ね、支援を要請して歩いた。約1時間かけて7階建ての建物をすべて回る予定だったが、「感触がよすぎて話が長くなり」(関係者)、この日は2〜3階は足を踏み入れられなかった。

「世襲の権化鳩山では自公に勝てない。麻生・鳩山のボンボン対決では世界に恥をさらす」

13日には、党所属の各参院議員事務所に、こんな文言が記されたはがきが届いた。12日夜に投函(とうかん)されたもので差出人は不明だ。

■浮動票50票
鳩山、岡田両陣営の主なターゲットは、どちらに投票するか態度を明らかにしていない中間層だ。

鳩山選対が13日夜の時点で行った情勢分析では、党所属議員221人のうち、衆院議員54人と参院議員67人の計121人は「鳩山で堅い」(鳩山グループ議員)との結果が出た。残り約100人のうち、態度が定かでない約50人が両陣営から攻勢を受けている。

「岡田陣営の小宮山洋子氏(党「次の内閣」文科相)から『代表選をどう見ているか聞きたい』という電話があった」。態度未定議員の一人は明かす。

14日夜、都内の中華料理店で開かれた旧社会党系グループの会合。出席議員18人全員から意見聴取を行うと、鳩山支持が10人、岡田が4人、未定が4人という割れた結果が出た。

岡田は14日午後3時半ごろから、参院議員会館の各所属議員の事務所を訪ね、支援を要請して歩いた。約1時間かけて7階建ての建物をすべて回る予定だったが、「感触がよすぎて話が長くなり」(関係者)、この日は2〜3階は足を踏み入れられなかった。

「世襲の権化鳩山では自公に勝てない。麻生・鳩山のボンボン対決では世界に恥をさらす」

13日には、党所属の各参院議員事務所に、こんな文言が記されたはがきが届いた。12日夜に投函(とうかん)されたもので差出人は不明だ。

■浮動票50票
鳩山、岡田両陣営の主なターゲットは、どちらに投票するか態度を明らかにしていない中間層だ。

鳩山選対が13日夜の時点で行った情勢分析では、党所属議員221人のうち、衆院議員54人と参院議員67人の計121人は「鳩山で堅い」(鳩山グループ議員)との結果が出た。残り約100人のうち、態度が定かでない約50人が両陣営から攻勢を受けている。

「岡田陣営の小宮山洋子氏(党「次の内閣」文科相)から『代表選をどう見ているか聞きたい』という電話があった」。態度未定議員の一人は明かす。

14日夜、都内の中華料理店で開かれた旧社会党系グループの会合。出席議員18人全員から意見聴取を行うと、鳩山支持が10人、岡田が4人、未定が4人という割れた結果が出た。(産経)>

<民主党代表選は14日、鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表が立候補を正式表明、攻防が活発化した。鳩山氏が小沢一郎代表系グループなどの支持を受け参院で優勢、岡田氏が中堅、若手を中心に衆院で勢いを見せ、追い上げる情勢が続いている。

16日の投開票に向け態度未定の議員が多い参院の動向が勝敗の鍵となる。対応が注目されていた、菅直人代表代行に近いグループは自主投票を決定した。(共同)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 15:53 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/954318
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE