<< 盧武鉉前大統領に検察の手が及ぶ? 古沢襄 | main | 韓国紙は日本の姿を映す鏡 古沢襄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







現代版義和団の乱が? 宮崎正弘
日本が寄贈した千本の桜並木が武漢大学キャンパスに花開き。着物をきた中国人母娘が記念写真を撮った。事件がおきた。

その事件は「武漢大学キモノ事件」とよばれる。3月21日の出来事だった。

1938年、日本は湖北省・武漢を制圧し、その後、日本人が多く蝟集したため桜の木を植えた。

1972年、日中国交回復のおり、田中角栄は千本の桜の苗木を寄贈した。中国のあちこちに桜が植えられた。

武漢大学の桜並木はいまでは千本に達し、鮮やかな花を咲かせ、人を集める。

中国人の母と娘がキモノを来て、桜並木をバックに記念撮影をしていた。学生に取り囲まれ、「恥を知れ」「日本の服装で、しかも武漢大学で何事ぞ」と詰めより、囂々たる非難がおこった。さんざん侮辱され、母と娘は逃げ去った。

これを目撃していた学生がブログに書き込んだ。「なんであんなことと愛国と関係があるのか」と。「キモノと桜とナショナリズム」論争は全土に拡がった。なぜなら『中国不高興』(中国は不愉快です)がベストセラー入りし、いま愛国論争、ナショナリズム論議に火がついているからだ。

「侃々諤々の議論のなか、結局、『愛国学生』らの行為を評価したのが51%、逆に「そんなレベルで騒ぐな」「低級のナショナリズム」と批判したのが47%」(アジアタイムズ、4月15日付け)。

日本の芸者に扮しただけで中国人女優がバッシングを受けたり、日本の海軍旗に似たデザインの服装をしたファッションモデルが『媚日派』と非難されたり、ともかく過激攘夷感情に触れると、いまでも現代版義和団の乱がおきる危険性を示す事件である。

武漢大学は、就職率がとくに悪く、大学を出てもまともに職がない典型の大学と言われ、昨年もニセの卒業証書をめぐって一万人の学生が騒いだ。

そういう特殊事情も考慮すべきだろう。だから『あそこの学生はとくに暇だから、そんなことでも騒ぐのさ』と冷静な見方もあるが・・・。

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| 宮崎正弘 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE