<< 米CNN、英ロイターも会談を速報 古沢襄 | main | 大統領就任式を見て思う日米の「この差」 花岡信昭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







朝鮮半島の非核化に努める? 古沢襄
胡錦濤国家主席が訪朝したのではない。中国共産党の対外連絡部長が一年ぶりに平壌を訪れたに過ぎないが、中国の新華社と北朝鮮の朝鮮中央通信が熱を入れて会談内容や一連の写真を公開している。

金正日・王家瑞会談で、金正日総書記は「北朝鮮は、朝鮮半島の非核化に努めるほか、関連する当事者と平和的に共存することを望む」「北朝鮮は朝鮮半島での緊張を望んでおらず、6カ国協議の進展に向けて中国との協議・協調を強化したい」(新華社)と述べた。

英ロイター通信社は北京とソウルの二元取材で、北朝鮮は朝鮮半島での核兵器廃絶に努めるほか、平和的な共存を望んでいる・・・と伝えている。

これに対してオバマ新政権は早速反応を示している。ウッド米国務省副報道官は23日の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記が「朝鮮半島の非核化に努力する」と発言したことについて、「よいことだ」と歓迎の意向を表明した。ワシントンから産経新聞が伝えてきた。

額面通りなら米・中・朝の間で朝鮮半島の非核化の平和キャッチ・ボール。瀬戸際外交の金正日総書記が一転して”平和攻勢”に出たとなりそうだが、話がうまく出来過ぎている。本音と建て前は違うところにあるのではないか。

眉にツバをつけて見守っているのは韓国。朝鮮日報は_饕夢慙△亮命燭鯏舛┐燭世韻如動画映像は放映されなかった・・・写真だけでは金正日総書記の健康状態は分からないという見方。

韓国の情報当局者は、以前に比べ金総書記の頭頂部の髪が抜けており、左手がむくんでいるように見えるなど、完全な状態ではないと分析・・・まだ完全な回復に至っていないという見方。

2ι長を招いた時から金総書記の健在をアピールするイベント的な性格が念頭にあった・・・となると中朝合作の”健在アピール”を世界は見させられたことになる。

健在アピールだけなのか、非核化の協議が進展するのか、しばらくは北朝鮮の出方をみるしかない。金正日・王家瑞会談で、金正日総書記に寄り添うようにして、姜錫柱(カン・ソクチュ)第一外務次官の姿があった。

白南淳(ペク・ナムスン)外相が死去したので、事実上の北朝鮮外相。金日成時代からの側近。小泉・金正日会談でも姿があった。

<[北京/ソウル 23日 ロイター] 北朝鮮の金正日総書記は23日、中国共産党の王家瑞対外連絡部長と会談し、同国が朝鮮半島での核兵器廃絶に努めるほか、平和的な共存を望んでいると述べた。新華社と朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

脳卒中で倒れたとされる2008年8月以来、総書記が外国の高官と会談するのは初めて。

新華社によると、金総書記は平壌で行なわれた会談で「北朝鮮は、朝鮮半島の非核化に努めるほか、関連する当事者と平和的に共存することを望む」と述べた。

また「北朝鮮は朝鮮半島での緊張を望んでおらず、6カ国協議の進展に向けて中国との協議・協調を強化したい」と話した。

健康悪化説が浮上していた総書記が権力を掌握し、核戦略に関する判断が可能なことを今回の会談は示しているとの見方が専門家から出ている。北朝鮮は3月8日に最高人民会議の代議員選挙を控えており、総書記の求心力を示す意図があるとの声も聞かれる。

北朝鮮の公式メディアは新年のメッセージで、オバマ米政権と協力する意向を示唆している。(ロイター)>

<北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が23日、同国を訪れた中国共産党の王家瑞対外連絡部長と会談し、王部長は胡錦濤国家主席の親書を手渡したという。朝鮮中央放送が報じた。同放送は具体的な会談場所を伝えず、会談関連の写真を伝えただけで、動画映像は放映されなかった。

金総書記の健康不安説が取りざたされた昨年9月以降、外国の賓客に会うのは今回が初めてだ。金総書記が最後に外国の賓客に会ったのは、昨年6月17日に中国の習近平国家副主席が訪朝して以来となる。今回公開された十数枚の写真で、金総書記は王部長と笑顔で握手を交わすなど比較的健康な姿を見せた。しかし、韓国の情報当局者は「以前に比べ金総書記の頭頂部の髪が抜けており、左手がむくんでいるように見えるなど、完全な状態ではないとみられる」と分析した。

新華社電によると、金総書記は王部長との会談で、「各方面と平和的に接し、朝鮮半島情勢の緊張状態を望まない。中国との協力で、6カ国会談を絶えず前進させていくべきだ」と指摘したという。

胡主席は金総書記に宛てた親書で「都合が良い時期に(金総書記が)中国を訪問することを歓迎する」とし、金総書記も訪中要請を喜んで受け入れたという。これにより、金総書記の年内訪中が実現するか注目される。

今年は中朝国交正常化60周年に当たるため、金総書記と胡主席が北京と平壌を相互訪問することが話し合われた可能性を指摘する声も一部にある。

金総書記が同日、221日ぶりに公式の場に姿を見せた背景には、国内外に依然としてくすぶる健康不安説を解消する狙いがあるというのが専門家の見方だ。東国大のキム・ヨンヒョン教授は、「北朝鮮は王部長を招いた時から金総書記の健在をアピールするイベント的な性格が念頭にあったのではないか。米オバマ政権発足というタイミングも考えた可能性が高い」と分析した。(朝鮮日報)

<【ワシントン=有元隆志】ウッド米国務省副報道官は23日の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記が訪朝した中国共産党の王家瑞対外連絡部長との会談で「朝鮮半島の非核化に努力する」と発言したことについて、「よいことだ」と歓迎の意向を表明した。そのうえで、「朝鮮半島の検証可能な非核化」を目指すとした2005年9月の6カ国協議の合意を順守し、核施設への検証を受け入れるよう求めた。

オバマ新政権の北朝鮮問題への取り組みに関しては、「(6カ国協議の)枠組みには利点がある」として、基本的には同協議を継続させたいとの考えを示した。同時に、「北朝鮮政策の見直しが行われる」とも述べたが、具体的な言及は避けた。

金総書記の健康状態に関しては「中国から(会談の)情報をもらっていない」と述べるにとどまった。

中国国営新華社通信によると、金総書記は「朝鮮半島情勢の緊張は望んでおらず、中国との協調を強めて6カ国協議のプロセスを絶え間なく推進していきたい」と表明したという。(産経)>

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 10:48 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/917685
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE