<< ドル基軸通貨は揺らがず 宮崎正弘 | main | 光無き砂漠の静寂 渡部亮次郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







イッツ・マイ・ボーナス 若宮清
もう10年以上も昔の話となった。テレビ朝日の報道局長だった松元真氏、昭和作家・上野壮夫の二女である堀江朋子さんたちと話し合っている中に、瓢箪から生まれた駒・インターネット・エッセイ文庫の話。

三人とも同人雑誌に関わりがあった。自分たちが書いたものをインターネット・エッセイ文庫に永久保存しておこうという程度のアイデイア。私の友人の一ノ瀬綾さん(田村俊子賞作家)たちにも相談し、いつの間にか仲間が三〇人近くになった。

まだブログがなかった時代。ワープロ全盛の頃だから、パソコンを使ったインターネット・エッセイ文庫といっても雲を掴む様な話である。何よりもワープロ打ちの文章をそのままパソコンに載せる仕掛けとはなっていない。少々苦労した記憶がある。

そんな時に渡辺美智雄元副総理の実兄・嚆夫さん、従弟の高木幸雄さんと若宮清氏で奄美諸島めぐりの旅をした。若宮清氏とは初対面だったが、宿で聞いたフィリッピンの悲劇の英雄・ベニグノ・アキノの話は衝撃的であった。

若宮清氏と話し合って「イッツ・マイ・ボーナス」というベニグノ・アキノの秘話を杜父魚文庫に収録した。1983年の出来事だが、26年後に杜父魚ブログで再録する。今でも心を打つ英雄の最期。若宮清氏は「私には昨日のことのように鮮烈な記憶となって消えそうもない」という。

◆それは1983年の夏のことであった。あれから16年の歳月が去ろうとしているが、私には昨日のことのように鮮烈な記憶となって消えそうもない。

ベニグノ・アキノ、私の友人。フィリッピンが生んだクリーンで、民主的な政治家。愛称は「ニノイ」。凶弾に倒れた君のことを想い出すと今でも胸が震える。しかし、私が生きている限りニノイのことを語り続けよう。

◆ニノイと初めて会ったのは1980年、ハーバード大学で国際問題の研究員をしていたニノイに、取材でインタビューしたのが、きっかけとなった。当時のニノイは亡命の身であった。マルコスの独裁政権から死刑宣告を受けたとは思えない明るさ、気さくで、気配りの人柄に私はいっぺんに惚れ込んだ。

男が男に惚れ込むと言うのは、こういうものか、とあらためて思った。ニノイのためなら、身体を張って、尽くしてやりたい、そういう民衆的な魅力を備えた数少ない政治家だった。

◆ニノイに同行して、サウジアラビアを訪れたことがある。サウジアラビアはフィリッピンから出稼ぎの人が多いので知られる。ニノイがコーラを飲みたいと言うので私と二人分を買って持っていったら、一ケース欲しいと言う。重い荷物を運んでやったら、一缶づつ出稼ぎのフィリッピン人に渡してやっているではないか。

フィリッピンでは上院議員と言えば、雲の上の人である。それが一緒にコーラを飲んでくれる。

そして「出稼ぎをせずに、フィリッピンの家族のもとで働ける国に早くしたい」と熱っぽく訴えた。拍手をしたフィリッピンの出稼ぎの人たちの目が涙で潤んでいた。ニノイはほんとうの愛国者だった。

◆私はニノイの帰国には賛成できなかった。マルコスの独裁政治に壟断さているフィリッピンに帰ることは、良くても投獄、悪くすれば虐殺・暗殺の危険が伴う。ニノイもその可能性を認めていた。

◆帰国の前夜、ニノイと最期の話し合いをした。帰国を取りやめるように説得する私にニノイは優しい目をして「帰国は国民との約束だから、自分の生命の危険が予測されても、中止することは出来ない。中止すれば、政治家として失格だと思う」と静かに語った。

◆それでも私は引き下がらなかった。ニノイのような優れた政治家を失いたくないと言う思いが、必死になってニノイの翻意を求めた。

私の友情が、ニノイも痛いほど分かっていたのだが、しかし、帰国の固い意志は変わらなかった。

「オレの勇気を国民に見て貰いたい。流れた血で国民が立ち上がれば、それはオレにとって”イッツ・マイ・ボーナス”だ」と言った。ニノイの壮烈な決意を聞いて、私は言葉を失った

◆八月二十一日、ニノイや私たちは、中華航空機でマニラ空港に着いた。軍警察隊の兵士三人が機中に乗り込み、有無言わせずニノイを拘束して、機外に連れ出した。私たちは足止めさせられた。

私は必死になってニノイを追いかけ、もみくちゃになりながら、出口にたどりついたら、ニノイがVIPタラップを降りるところだった。

悲劇はそこで起こった。

兵士の一人が拳銃に手をかけ、あっ、と思った瞬間、バアーンという銃声がしてニノイが崩れるように地面に倒れた。空港のアスファルトがみるみるうちにニノイの血で染まった。

◆マルコスの配下によって、周到に準備された暗殺劇だったと思う

その場で暗殺者というふれ込みの男が射殺されたが、茶番劇以外の何ものでもない。衆人環視の中で行われた恥ずべき暗殺をマルコスは、政府は関与していないと否定したが、もはや国民の誰一人、これを信じる者は無かった。

◆ニノイの予言は、それから三年後の大統領選挙で具現した。

ニノイが流した血によって、立ち上がったフィリッピンの国民が、ニノイの夫人コラソン・アキノ大統領に押し上げ、さしもの権勢を振るったマルコスは国外に逃亡する。マルコスは亡命先のハワイで寂しく客死した。

◆ニノイは国民の英雄となった。非業の死を遂げたマニラ空港は、ニノイ・アキノ空港と改称され、マニラ市内にはニノイの銅像が二つ建てられた。フィリッピンの五百ペソ紙幣にはニノイの肖像が刷り込まれてある。民衆に愛されたニノイは、十六年経った今でも国民の英雄である。

◆ニノイの身体は、暗殺者によって倒されたが、その雄々しい心は国民の中に生き続けている。「イッツ・マイ・ボーナス」と言って、笑って死地に赴いたニノイの面影は私の胸に永久に刻み込まれた。(杜父魚文庫から再録)

杜父魚ブログの全記事・索引リスト
| - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







スポンサーサイト
| - | 11:41 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajikablog.jugem.jp/trackback/915506
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE